HOME   »  アクセス解析
RSSフィード
Google Analyticsのリアルタイム解析レポートを見てみると、とんでもないことになっています。今まで同時アクセス数は、41人もいったことがないのに、41人になってるー!

そんなはずはないのに!!と思いましたが、結局そんなはずはありませんでした。Googleが仕掛けた罠をご覧ください。
サマリー  Google Analytics 1

スポンサーサイト



以前にアクセス解析のChartbeatの使い心地を書いたのですが、Chartbeatには無料でiPhoneアプリも提供されています。

今回は、ChartbeatのiPhone版の使用感を書いて行きたいと思います。リアルタイムで変化する様子を分析できるのは魅力的です。

Chartbeat App
カテゴリ:ユーティリティ
価格:無料(記事掲載時点)
バージョン: 2.1
リリース日:2009/11/05
AppStoreで詳細をみる


ブログのアクセス解析にはGoogle Analyticsを利用しています。毎日のアクセス数を確認するにはiPhoneならば、現在はAnalytics Tiles Appを利用しています。

Macの場合はVisitsで確認を済ます事が多いです。Google Analytics公式サイトにアクセスしても良いのですが、目的がアクセス数を確認するだけの時はVisitsの方が楽なのです。

今回はGoogle Analyticsのアクセス数をMacのツールバーから確認出来るVisitsの良い所を紹介したいと思います。
Visits App
カテゴリ:ビジネス
価格:¥450(記事掲載時点)
バージョン: 1.5.2
リリース日:2011/09/14
AppStoreで詳細をみる


今までブログのアクセス解析にはGoogle Analyticsを利用してきましたが、有名なブログ本で触れられていたアクセス解析サービスのChartbeatを利用してみました。

無料で30日の試用期間(ただし支払い用のクレジットカードの登録が必要)があったので試した使い心地をレビューしたいと思います。これ、眺めているだけで楽しいものです。
Chartbeat

先日スマートフォンのCSSを弄ろうと思っていたら、なんとGoogle Analyticsの解析用タグを貼付け忘れていた事に気づきました。

これは一大事件でした。今までなぜ不審に思わなかったかというと、アクセスのOSを見た時に、iOSが含まれていたからです。

実はiOSにはiPadもありました。iPadはスマートフォン用ページが表示される訳ではなく、普通のPC向けサイトが表示されます。だから気づかなかったのです。

また、iPhoneからでもPC向けページを見る事が出来るので、そちらの数字も含まっていたと思います。

慌ててスマートフォン向けページにもアクセス解析用タグを貼付けた所、当ブログにおける主要OSがiOSだった事が判明しました。(今まではWindowsが主要OSでした)

今回は、スマートフォン向けにタグを貼付ける前後でどのくらいの違いが出たかを紹介したいと思います。
Analytics 1301172146

サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP