HOME   »  ショートカット
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iOS 5.0.1の時代、一時的に設定項目へとぶためのURLスキームが用意されていました

そのため、各種ランチャーアプリを利用する事で、通知センターから設定項目にとべるアクションを作成できていました。

しかし、iOS 6からは設定項目へジャンプするためのURLスキームは削除されてしまいました。参考リンク→【iOS6】【URLスキーム】設定は無効のまま、アプリは有効

この用途を減少させたのは、iOS 7の登場です。

iOS 7では、コントロールセンターから設定(Wi-FiやBluetooth)をオフに出来るので、わざわざ設定URLスキームの必要性は少なくなりました。

ただし、Wi-FiやBluetoothのオンオフが出来ただけで、どのWi-Fiを使用するかの選択、又は、どの端末とBluetooth接続するかの選択は、一々設定アプリを開いて設定する必要がありました。

そしてiOS 8の登場。

相変わらずiOS 5.0.1で使用出来ていた設定項目のURLスキームは無効でしたが、代替方法として十分すぎる方法がありました。

その方法とは、Launcherアプリを使用して、通知センターにウィジェットを配置する方法です。

この方法を使用すれば、通知センターから直接任意の設定項目にジャンプできるようになります。

iOS 6やiOS 7の時代から考えると画期的です。

そこで今回は、Launcherアプリを使用して通知センターに各種設定項目へとべるショートカットを作成する方法について紹介します。

launcher
スポンサーサイト

Macのテキストエディタ「Textwell」にはアクション機能があります。

このアクション機能がTextwellで文章を快適に書くための生命線です。

MacでのTextwellのアクションは、キーボードショートカットを割り当てる事が出来ます。

頻繁に使用するアクションがある場合、キーボードショートカットの設定を行うと操作が快適になります。

今回は、Mac版Textwellのアクションにショートカットを割り当てる方法について紹介します。

Textwell for Mac
PowerPointで資料(スライド)を作成する機会が大幅に増えました。

スライドでは文章だけでなく図も載せます。載せる図は自分で作成することも多々あります。

そのため、スライド作成には結構な時間がかかります。

しかし、PowerPointにはキーボードショートカットが用意されています。

これらの機能をうまく使用する事で、作成時間を大幅に短縮する事が可能です。

そこで、普段PowerPointを使用している時に使用しているキーボードショートカットについてまとめておこうと思います。
powerpoint-mac

大学の実験レポートを書く際の注意点として、
  • 物理量はイタリック(斜体)で書く
というものがあります。Wordでレポートを書いている途中でイタリック(斜体)が入ってくるのは中々面倒でした。

しかし、Wordに備わっているショートカットを使えば、案外スムーズに書ける事がわかりました。

斜体の他に、太字や下線付き文字のショートカットもあります。下線文字は、見やすくするために見出しで使用する事がありました。今回は、Macにおけるショートカットを紹介します。
word

先日のiOS版Evernoteのアップデートにより、iOS版でもショートカット機能を使えるようになりました。

ショートカット機能を利用すると、、よくアクセスするノートがある場合には有効です。この機能を簡単に紹介しようと思います。


サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。