HOME   »  バックアップ
RSSフィード
前回の記事では、外付けHDDにDropboxをバックアップする方法を紹介しました。

Dropboxのように利用しているクラウドサービスとして、この他にEvernoteがあります。

Evernoteにおいてあるデータがなくなったら非常に困るので、手元(外付けHDD)に残しておくべきだと思いました。

そこで今回は、もう1つのクラウドサービス「Evernote」を外付けHDDにバックアップする方法を紹介します。


スポンサーサイト



クラウドサービスのDropboxには、沢山のデータを保存しています。利用しているのが当たり前の感覚になっていますが、突然サービスが終了したり、誤ってデータを削除してしまう可能性もあります。

そうなると困るので、Dropbox自体をバックアップする必要があります。

そこでDropboxを外付けHDDにバックアップします。

前回、外付けHDDをTimeMachine用とデータ用にパーティションを作成する方法を紹介しました。これで外付けHDDにバックアップ出来る準備が整いました。

今回は、前回作成した外付けHDDのデータ用領域に、Dropboxをバックアップしておく方法を紹介します。通常のUSBのように行えます。
Dropbox

様々なデータはクラウドサービスの「Dropbox」や「Evernote」に保存しています。これらのクラウドサービスにデータをおいておくと、iPhoneからでもiPadからでもMacからでも同じデータを取り出す事が出来て便利です。

しかし、これらのデータが消えたらどうなるでしょうか。

なくなると困る・面倒くさいデータが多くあります。

これはマズいということで、DropboxやEvernoteのデータをバックアップしておかなければならない事に気づきました。

そこでバックアップ先として保存しておくHDDが必要なのですが、Macのバックアップをとっておくために利用しているHDDがあります。
参考:Time Machineを利用してHDDにMacをバックアップする方法

今までは、このHDD(1TB)の容量全体を、Macのバックアップ用として利用していました。

そこで、HDDの内訳を
  • Macのバックアップ用、300GB(Time Machine用)
  • 通常のデータ保存用、700GB
に分割して、Macのバックアップには300GBだけ利用するように設定したので、その方法を紹介します。ちなみに、通常のデータ保存用(700GB)は、後日DropboxやEvernoteを保存する時用のものです。


以前にEvernoteのアプリがiPhoneの容量を圧迫している事を紹介しました。

その次に多くの容量を支配していたのが写真です。

写真は気軽にパシャパシャ出来る利点である一方、簡単に容量も埋めてしまいます。

容量が少なくなった時に確認してみると大体は写真が容量を占めています。

そこで、いらない写真は削除し、残しておきたい写真はFlickrサービスへアップロードしてバックアップしてから削除してみました。

その過程を紹介します。
flickr

今まで書いたブログが消えたら嫌なので、バックアップする事にしました。バックアップは、FC2ブログの管理画面から行う事ができます。

今回は、FC2ブログの記事をバックアップする方法を紹介します。消えてしまってからでは手遅れです。


サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP