HOME   »  レポート
RSSフィード
先日、自分用にTeX用の数式コマンドをまとめてみました。


先日は数式コマンドだけでしたが、今回はTeXのコマンドのうち、自分が使用したもの・及びこれから使用しそうな記号類をまとめてみました。

全ての記号を網羅している訳ではないですが、ここを見れば卒論を書くのに困らないようなものを列挙しています。

必要になったら、また追記するかもしれません。
大学のレポート類はTeXで書くようになりました。これから書き始める卒業論文もTeXで書くつもりです。

卒論や修論・その他提出するための文章には、TeX用テンプレートが用意されている場合があります

そこで、配布されたテンプレートを利用して文章を作成(具体的にはコンパイル)しようとしたところ、エラーが発生しました。

表示されたエラーメッセージを検索してプリアンブルをいじってみても、エラーは続きました。

このままだとTeXで文章が書けずにWordを使うことになります。何としてもそれは避けたい。

そこで、以前MacBookAirにインストールした時の設定が良くなかったのかと思いました。

手持ちのMacBookAirには、以前にTeXをインストールしました。その記事はこちらです→Mac MavericksでTeXを導入する方法

このインストール方法に加えて何か追加して設定しなければいけないのかもしれませんが、原因を掴むために時間がたくさん取られそうな気配がしました。

そこで、以前に購入したTeX用の教科書的な本「LaTeX2ε美文書作成入門」に、TeXインストール用DVDが付属されていることを思い出しました。

latex2ε美文書作成入門

先人の知恵を借ります。付属DVDからMacにTeXをインストールしてみたところ、コンパイルがうまくいきました。

というわけで、付属DVDからMacへTeXをインストールする方法を紹介します。
latex2ε美文書作成入門

前回は→TeXでレポートを書くならTextExpanderを併用した方が良い理由を解説という記事を書きました。ここで紹介しているコマンドの他にも沢山TextExpanderに登録しています。

というわけで、今回は、TeXでレポートを書くためにTextExpanderに登録しているコマンド一覧を書いていこうと思います。適宜自分用にアレンジしてみてください。
TeX

TeXでレポートを書く時のお話。

最近ようやくTeXでレポートを書くようにしました。(今まではWordでした。)

TeXの良い所としては、
  • 綺麗に書ける
  • 数式、図、表番号が自動的に入る
というのがあります。このため、論文執筆ではTeXを使うのが一般的なようです。

しかし、TeXには独自のコマンドが沢山あり、入力数が膨大なので、利用するには正直なところ壁があると感じました。

そこでTeXでの文書作成の負担を軽減するために利用しているアプリとしてTextExpanderというものがあります。このアプリは元々ブログを書くために入れていたアプリです。

TextExpanderは、「A」を入力したら、自動的に「B」が入力されるという入力補助アプリです。「A」と「B」は任意で登録できます。

TeXを使用するならば、絶対に入れておいた方がいいと思うアプリです。今回は、TextExpanderを使うとどのようにTeXを書きやすくなるかを紹介しようと思います。
TeX
MacでTeXを利用する際の一口メモ。

TeXでレポートを書く際に、エディタとしてTeXShopを利用しています。

TeXは数式を綺麗に表現できる一方、入力コマンドは圧倒的に多くなります。

上付き文字や下付き文字を入力するだけでも一苦労です。

しかし、TeXShopの設定項目にある「キーバインド」のチェックを入れれば、だいぶ手間が省けるようになる事がわかりました。

どのように便利になるのかを紹介しようと思います。
latex

サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP