HOME   »  動画
RSSフィード
ブログでiPhoneアプリの使い方を紹介する時に、ReflectorというMacアプリを使って動画を撮影しています。(Reflectorというアプリの使い方はこちらの記事→で紹介しています。)

撮影した動画はYouTubeにアップロードしてブログに貼り付けています。

この時に、完成形の動画をアップロードしなければいけないと思っていました。

しかし、YouTubeにアップロード後でもトリミング出来ることがわかったので、その事をご紹介します。
youtube

スポンサーサイト



iPhoneで撮影した動画をYouTubeにアップロードする時に、動画の前後をトリミングしたい時があります。そんな時には、Appleの純正iPhoneアプリ「iMovie」が便利です。

動画編集は面倒かと思っていましたが、iMovieは難しくありませんでした。今回は、iMovieを使って動画をトリミングする手順を紹介しようと思います。



iPhoneアプリのFalconは、Twitter検索アプリです。キーワード検索すると、検索結果が自動で更新されていくアプリです。

3G通信でもストリーミングされていくので、いつでも使える面白いアプリです。テレビで行われている話題の実況に向いています。

さて、今回のFalconネタは、先日の隅田川花火大会をテレビで見ている際に思いついたものです。Falconで画像だけを表示したい時もあります。そんな時に使える技を紹介しようと思います。


味噌汁のみその動きは何とも不思議なもので、下から沸き上がるような流れを見せます。

これは、マランゴニ対流と呼ばれるものだそうです。味噌汁内部の熱い部分と、表面付近の冷たい部分の温度差によって、対流が生まれることによって、このような面白い流れが起こるようです。詳しくは→物質科学実験 Marangoni:マランゴニ対流の基礎知識

その様子をiPhoneの15秒カメラを利用して、約1分の動画を15秒に圧縮してみました。だから4倍速です。眺めているだけで楽しいので是非見てみてください。味噌汁の常識を4倍超える速さです。
iPhoneでの動画の撮影には基本的にデフォルトのカメラアプリを利用しますが、撮影した動画を15秒に圧縮したい時には、「15秒」というiPhoneアプリを使用します。

今回は、「15秒」というアプリで30分間撮影した雲を15秒に圧縮してみた所、雲の変化する様子が大変興味深かったので紹介したいと思います。
15秒 - 動画カメラ App
カテゴリ:写真/ビデオ
価格:¥85(記事掲載時点)
バージョン: 1.3.5
リリース日:2011/06/10
AppStoreで詳細をみる


サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP