HOME   »  将棋
RSSフィード

iPhoneやiPad、Androidのオンライン将棋アプリとして有名な将棋ウォーズがあります。

この将棋ウォーズは無料でも1日3局まで遊べますが、もっと遊びたい人向けに、様々な課金が用意されています。

将棋ウォーズの課金については、大きく分けて3種類あります。

  • ○○間指し放題パスポート4種類
  • 棋神パスポート5種類
  • 弱い相手を選択出来る権利

それぞれの内容について、まとめておこうと思います。

将棋ウォーズ
スポンサーサイト



今までiPhoneで将棋というと、自分はコンピュータ将棋との対戦のみやっていました。

iPhoneアプリの例で言えば、柿木将棋などです。

しかし、最近はiPhoneのオンライン将棋対戦アプリ「将棋ウォーズ」が盛り上がっていました。

オンライン将棋はいいやとなぜか思っていたのですが、手を出してみた所、普通にはまりました。

利用している人がもの凄く多いので、すぐに対戦相手が自動で見つかるのと、相手がミスをする、というのも対人間の魅力だと感じました。

今回は、iPhoneでオンライン将棋対戦をするなら一択である「将棋ウォーズ」の遊び方や課金制度について紹介しようと思います。

将棋ウォーズ
プロの将棋棋士の棋戦の棋譜と解説を月額500円(もしくは3ヶ月1400円)で観戦出来るiPhone&iPadアプリの「日本将棋連盟ライブ中継」というアプリのトップ画像の背景画像を変更できる事がわかりました。

以前のトップ画像背景には、羽生三冠のものしかありませんでしたが、最近のアップデートにより、背景となるプロ棋士の方々の画像がだんだんと追加されてきました。

追加されてランダムに表示されているのは知っていましたが、固定する事が出来る事を知ったので、そのことを紹介しようと思います。
将棋連盟Live

通学の際に電車の中で過ごす30%くらいはiPhoneアプリの柿木将棋でコンピュータ相手に将棋を指しています。

柿木将棋にはiPad版もありますが、この度のアップデートで、詰将棋機能が備わりました。これにより、人間には一見すると詰んでいるのか判断できない場面で、詰んでいるか詰んでいないかを簡単に判断する事が出来るようになりました。

今回は、この詰将棋機能の使い方を紹介しようと思います。アプリも凄い時代となりました。
柿木将棋 for iPad App
カテゴリ:ゲーム
価格:¥500(記事掲載時点)
バージョン: 2.10
リリース日:2010/05/25
AppStoreで詳細をみる


趣味の一つに将棋があり、所持している将棋盤に並べて考える事があるのですが、今まで持っている将棋盤は、折りたたみ式で、段差がありました。なので、5筋の駒を指す際には駒が安定しませんでした。

マス目81のうち、9マスは段差によって指し心地が低下してしまうのが今一つだったので、Amazonで折りたたみ式でない将棋盤を購入したので、早速レビューしたいと思います。
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP