HOME   »  画像
RSSフィード

このブログは主にiPhoneやiPadのアプリを紹介するブログです。

そのため、このブログには多くのスクリーンショットを載せています。

さらに、このブログを見る事でほとんど何も考えなくてもスクリーンショットだけ見れば操作がわかるように、枚数は多めです。

枚数多めな事と、見た目の問題から、今までこのブログでiPhoneやiPadのスクリーンショットを載せる時には、横に2枚画像を並べて表示していました。

横に2枚並べた画像を作成する時には、ImageKitを使用しています。

現在は販売を中止していますが、代替アプリとして、Twin Collageがあるようです。

Twin Collage - 2枚の写真を並べて1枚にまとめる簡単コラージュアプリ for Instagram, LINE, Twitter, Facebook App
カテゴリ:写真/ビデオ
価格:無料(記事掲載時点)
バージョン: 1.2.1
リリース日:2013/08/23
AppStoreで詳細をみる

さて、2枚の画像を並べたい時にはImageKitもしくはTwin Collageで事足りるのですが、3枚の画像を横に並べたい時にはどうすればいいでしょうか。

僕が行っていた対処法は、「スクリーンショット」+「白紙の背景」を2枚横に並べる方法です。

白紙の背景をいれないと、最後の1枚だけ大きさが不揃いになってしまうからです。

しかし、本来ならば白紙は不要です。

そこで、出来れば3枚の画像を結合できればという思いがありました。

Googleで検索してみると、こちらの記事にたどり着きました。→[iPhone]複数画像を繋げるアプリ「FOTORING」 | iPhoneとマヨテキメモ

FOTORINGを使用すると、任意の枚数を縦or横に並べる事が出来ることがわかりました。

自分の場合は3枚結合できれば十分です。というのも、4枚結合するなら、2枚+2枚にした方が基本的にサイズ的に見やすいからです。

というわけで、今回は画像を3枚横に並べることの出来るiPhoneアプリ「FOTORING」の使い方について紹介します。

fotoring
スポンサーサイト



ブログでiPhoneやiPad、Macのスクリーンショットを載せる際、そのまま載せても良いのですが、サムネイルとして先頭に載せる写真はもう少し味付けさせたいものです。

今まではそういった用途として、iPhoneアプリの「Screenshot Maker Pro」を使用していました。

参考リンクは以下です。


このアプリでは、

  • iPhone 5s
  • iPhone 5c
  • iPhone 5
  • iPhone 4s
  • iPad
  • iPad mini
  • MacBookPro
  • iMac
  • Nexus S
  • Xperia X10
  • Windows Phone
  • HTC Titan
  • Galaxy S III

のスクリーンショット合成画像を作成できます。

しかし、これはあくまでも端末がメインの画像です。

もう少し味付けしたいと思い、サービスを探してみた所、「placeit」というサービスにたどり着きました。iPhoneやiPadへのはめ込み画像を簡単に作成できるサービス「PlaceIt」 | ライフハッカー[日本版]

このサービスはweb限定(iPhoneアプリやMacアプリではない)ですが、雰囲気のあるスクリンショット画像を無料で作成することが出来ます。(無料版は400 px × 300 pxの大きさのみ)

簡単に言えば、以下のような画像が作成できます。

placeit

単なる端末のスクリーンショットよりも使用感が出ていて、雰囲気が出ています。

ブログ記事のサムネイルとして利用するのにピッタリです。

今回は、この雰囲気のあるスクリーンショット画像を作成できるwebサービス「placeit」の使い方について紹介します。

こちらの記事→ブログのアイキャッチに悩む君へ。アプリ「Phoster」で簡単に作ろう! | 株式会社LIGを読んでみて、Phosterを使うとアイキャッチ画像が簡単に作れそうなことがわかったので、実際に使ってみました。

アイキャッチ画像はなくてもいいんですが、あった方が見栄えがいいです。なので本当は全ての記事に載せたいのですが、いかんせん面倒くさい。

今まではたまにSkitchで作っていましたが、Skitchは説明用ですね。どうしても淡白なものになってしまいます。

さて、Phosterの良い所は
  • 豊富なテーマ
  • 豊富なフィルター(雰囲気をつくるのに欠かせない)
が用意されている所です。適当に作ってもフィルターが頑張ってくれて雰囲気のあるアイキャッチ画像が作成できます。これから出番が多くなりそうなPhosterの使い方を紹介しようと思います。
Phosterアイキャッチ画像


iOS 7になってiOS端末でもAirDropという機能を使用できるようになりました。(Macには以前からありました。)

AirDrop機能を使用すると、近くにいるほかのユーザーのiOS 7以上の端末とファイルの共有が簡単に行えます。めっさ便利です。サクッと画像を送ってもらう事が出来ます。

というわけで、今回はめっさ便利なAirDropの使い方を紹介します。


CamScannerを使うと書いた文字の視認性が抜群になる!自分が紙に書いて解いた問題を友達に送ろうとした際に、iPhoneで撮影してメールで送る(もしくはLINEとかTwitterとか)という手段があります。

これに一手間加える事で、通常の写真よりもぐっと視認性がよくなるアプリがあります。そのアプリとは、CamScannerです。

このアプリの売りは、iPhone用のスキャナアプリです。

このアプリはスキャナ目的だけにとどまらず、単体の紙の撮影用にも持ってこいです。

CamScannerの視認性の効果を紹介したいと思います。
CamScanner+


サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP