HOME   »  画像加工
RSSフィード

Macでブログを書いている時に、スクリーンショットをよく使用します。

スクリーンショットの横幅は大きいので、容量もその分大きくなります。

しかし、ブログの横幅には限界があります。

このブログでは、横幅が500pxあれば十分なので、大きな画像をアップロードする時には、画像サイズを500pxにリサイズしてからアップロードした方が容量を抑えられます。

そこで、Macで画像を一括でリサイズする時に便利なのがフリーソフトのTh-MakerXです。

このソフトは、複数画像をドラッグ&ドロップでまとめてリサイズ出来るという特徴があります。

今回は、このTh-MakerXの使い方について紹介しようと思います。

thmakerx
スポンサーサイト



Macでブログ記事を書く時には、よくスクリーンショットを使います。

スクリーンショットの撮影および加工には、Macの無料画像加工アプリ「Skitch」を使用しています。

また、加工した画像はブログにアップロードする前に、大きすぎる画像はリサイズしています。このブログで使用する画像サイズは最大で500pxあれば十分なので、それ以上ある画像の場合は余分な容量をくってしまいます。

画像をリサイズする際には、基本的には、Th-MakerXというフリーソフトを利用しています。このアプリは複数画像をまとめてリサイズするのに適しています。

しかし、Skitchでスクリーンショットに文字を加えたり説明を加えているので、Skitchでリサイズ出来るに超した事はないです。

Skitchでリサイズ出来ることには出来るのですが、多くの枚数をリサイズするには余計な手間がかかってしまいます。

ただ、ブログで1枚or2枚だけ利用する時ならばSkitchだけでやってしまおうということで、MacのSkitchでリサイズする方法について紹介します。

なお、今回紹介するMacアプリのSkitchですが、最新版を使用していません。塗りつぶし機能を使いたいために、アップデートせず使用し続けています。

ですので、今回紹介するSkitchのバージョンは1.0.12である点にご注意ください。(現在の最新版は2.7.2でした。)


mac-skitch
ブログに使用する画像を自分で作成したい時に使用するのが「合成写真」というiPhoneアプリです。このアプリの特徴としては、
  • カメラロールにある複数画像を合成出来る
  • 文字も入力出来る
  • 何しろ簡単!
の3つがあげられます。合成写真を使えば簡単にオリジナルの合成写真を作成出来ます。今回は、合成写真(PhotoLayers for iPhone)の使用感を紹介しようと思います。
合成写真 PhotoLayers for iPhone App
カテゴリ:写真/ビデオ
価格:¥85(記事掲載時点)
バージョン: 3.4.0
リリース日:2011/12/07
AppStoreで詳細をみる


画像加工の要素を多く盛り込んだアプリがリリースされました。その名はImageKitです。このアプリで何が出来るかというと、
  • 高画質アイコンの取得
  • ステータスバーのカット
  • 黒い余白のカット
  • 画像2枚合成

です。

4つの機能が1つのアプリでこなせます。しかも、これらの機能がブロガーにとって大助かりである事がポイントです。

簡単に使い方を紹介したいと思います。
ImageKit App
カテゴリ:写真/ビデオ
価格:¥100(記事掲載時点)
バージョン: 1.0.4
リリース日:2013/01/16
AppStoreで詳細をみる


ブログを書く時にはアプリの使い方を説明する際にスクリーンショットを用いる事が多いですが、Screenshot-Frame Makerというアプリを使えば、このスクリーンショットの画像のフレームとしてiPhoneやiPad、そしてiPad miniを使う事ができます。

ただのスクリーンショットを貼るよりも格段に見栄えがよくなり、美しさが感じられます。以下は新しくなったEvernoteの起動画面です。iPad miniのフレームがつくことで見栄えがいいですね。自分で簡単にこのような画像を作る事ができます。


このScreenshot-Frame Makerについて簡単に紹介していきたいと思います。
Screenshot - Frame Maker App
カテゴリ:ユーティリティ
価格:無料(記事掲載時点)
バージョン: 1.2.3
リリース日:2012/10/24
AppStoreで詳細をみる


サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP