HOME   »  AutoEver
RSSフィード
Evernote連携アプリは沢山リリースさています。ごく少数の人にとって、非常に強力な機能をもつアプリが多いです。今回取り上げるTrashEverもそうでしょう。TrashEverは、Evernoteのノートをまとめて削除できるアプリです。

今回は、Evernoteのノートをまとめて削除するのに便利なTrashEverの使い方と、使用する経緯について書いてみました。


スポンサーサイト



Evernote連携アプリの
  • AutoEver
  • MoveEver
  • MergeEver
  • TagEver
がフレッシャーズ応援セールで全て85円でセール中です。僕はTagEver以外は持っていて、今回は3つの使用の仕方に関する記事を再掲してみました。
AutoEver - Evernoteでのルーチンワークがシンプルに App
カテゴリ:仕事効率化
価格:¥85(記事掲載時点)
バージョン: 1.2.2
リリース日:2012/07/29


先日、Dueの通知のしつこさが便利という記事を書きましたが、Dueはただのリマインダーだけでなく、アプリを起動するためのリマインダーとしても活躍することが出来ます。

そんなの「○○アプリを起動」って書いておくだけじゃん!って思うかもしれないですが、実はそれだけでは有りません。通知内容にURLスキームを含めておけば、通知時間になるとDueから直接指定したアプリを起動出来ます。

普段の生活で決まった時間に決まったルーティーン(ゴミ出し、お風呂、歯磨き、etc…)を行うのと同じように、iPhoneの場合でも、決まった時間に決まったアプリを起動することがあります。

という訳で、通知内容にURLスキームを含めることでアプリを立ち上げる方法&僕の登録したアプリを紹介したいと思います。
Due 〜 リマインダー、タイマー、アラーム App
カテゴリ:仕事効率化
価格:¥450(記事掲載時点)
バージョン: 1.9.6
リリース日:2010/09/15
AppStoreで詳細をみる


以前に、AutoEverにすべてのプリセットを実行するURLスキームが実装されて便利になった!というエントリを書いたのですが、この時の実行した様子をiPhoneアプリのDispRecorderで撮影し、YouTubeにアップロードしたのでその動画を紹介します。

参考:
AutoEverにすべてのプリセットを実行するURLスキームが実装されて便利になった!



Evernoteのノートブックを指定した条件で振り分けることが出来るAutoEverが、この度のアップデートで、「すべてのプリセットを実行する」URLスキームが実装されたので、ランチャーアプリを利用すればさらに簡単に移動の作業が出来るようになりました。

すべてのプリセットを実行するURLスキームは、autoever://?preset=allです。

また、autoever://?preset=プリセット名

で、各プリセット単独で実行することが出来ます。
いずれもプリセットはスキーム実行で即座に実行されるので注意が必要ですが、とても便利なアップデートになりました。

僕の使い方を紹介します。
AutoEver - Evernoteでのルーチンワークがシンプルに
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥360
AppStoreで詳細をみる


サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP