HOME   »  Evernote
RSSフィード
iPhone 5sの残り容量が100MBを切っていたので、何が容量を圧迫しているのかを、iPhoneの設定→一般→使用状況から確認してみた所、Evernote(約1.2GB)が原因でした。

Evernoteはプレミアム会員のみのオフラインノートブック機能を利用していたのでそれが原因かと思いましたが、オフラインノートブックの選択を外してもデータ容量が減らなかったので、一度削除してから再インストールしてみました。

すると、データ量が削減されました。約1GBの削減になりました。
Evernote

明けましておめでとうございます。今年も日々のブログをよろしくお願いいたします。

さて、2013年の1月に書いたこの記事→2013年はFastEverを使ってライフログをすることにした!を1年間続けました。一部記録し忘れがありましたが、360日分ほどありました。

これを全てMergeEverを使って結合して、眺めてみました。
fastever

iPhoneのSafariで見ている重要なページをメモしておくために、Evernoteに保存しておきたいという場面が増えてきました。

そんな時にはどうするのか?ブックマークレットでEvernoteに送ることは出来るのか?

検索をかけてみた所、EverWebClipperがピッタリなアプリでした。

EverWebClipperの特徴は、Safariで見ているページを(EverWebClipper経由で)Evernoteに保存するためのブックマークレットが用意されている点です。

便利な所は、Safariでのウェブサーフィン中にEvernote用のアプリを起動しなくて良い点です。1度連携をしておけば、ログインも不要です。

これは衝撃を受けました。という訳で、EverWebClipperの使い方を書いてみました。
EverWebClipper

第1回友達のお悩み解決相談室が開講です。

今回のQ&Aは次のようなものです。

Q.Web上(Safari)にある問題集のpdfを切り取ってまとめるiPadアプリはありますか?
A.うーん、わかんない!クリップリーダーポケットとMergeEverを使えば上手く出来そう!

というわけで、その手順について記しておこうと思います。
クリップリーダーポケット


大学の授業関連のプリント類や板書はEvernoteに入れています。各教科のノートブックを作成しているのですが、公式アプリだと取り出すまでに結構時間がかかります。

そこで、CleverというEvernote関連アプリを使用して、ノートブックに素早くアクセス出来るようにしてみました。URLスキームを用いる方法です。その方法を紹介しようと思います。
Clever

サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP