HOME   »  Falcon
RSSフィード
Twitterの検索アプリとしてegobirdというアプリが登場しました。このアプリは、Twitterの検索をバリバリ行う人にとっては便利なアプリです。

僕はTwitterの検索をバリバリと行っている人間なので、egobirdのどんな所が便利なのかを3点紹介しようと思います。


スポンサーサイト



Twitter検索ストリーミングアプリのFalconが、本日行われたアップデート(ver.2.1.4)で
  • OR検索が可能に
  • メニューの並び替えが可能に
なりました。注目はOR検索が可能になったことです。

このOR検索を利用すると、色々と検索しやすくなります。具体的な検索方法を紹介しようと思います。


Twitter検索ストリーミングアプリFalconのアップデート(ver 2.1.3)では、非公式リツイートができるようになっています。

非公式リツイートとは、他人のツイートにコメントを簡単に追記出来るようなものです。

どのような機能ができるようになったかを紹介しようと思います。


Twitterでつぶやかれている内容を検索する時に、演算子(パラメータ)なるものが用意されています。

この演算子を知る事で、Tiwtterのツイートをより早く検索する事が出来るようになります。

今回は、Twitterで用意されている演算子を、検索例とともに紹介していこうと思います。


iPhoneアプリのFalconは、新しいTwitter検索アプリです。キーワードを検索すると、検索結果が自動で更新されていく今までになかったアプリです。

3G通信でもストリーミングされていくので、いつでも使える面白いアプリです。今の時期だと、「#高校野球」や「#世界陸上」と検索して楽しんでいます。

さて、今回のアップデートでは重要な問題が解決されました。その理由は、画像キャッシュの自動削除機能が追加されたためです。

Falconで検索した時に、画像も多少は表示されます。この画像がアプリ内に溜まって容量を圧迫してしまっていました。

しかし今回のアップデートで、Falconを起動したら自動で画像のキャッシュが削除されるようになりました。

その効果を確かめてみました。
Falconのアイコン


サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP