HOME   »  GoodReader
RSSフィード
iPhoneやiPad、Macからpdfを見られるように、書類関連は基本的にクラウドサービスのDropboxに保存しています。

pdfを閲覧するだけならばDropboxで十分なのですが、編集機能はありません。

ただ、GoodReaderを利用すれば、Dropbox内のフォルダをGoodReaderに同期させる事が出来ます。

GoodReader内で編集したものは、Dropbox内に反映できます。というわけで、MacやiPhoneから同じ資料を編集する事が出来ます。

その具体的な手順を紹介します。
goodreader-dropbox

スポンサーサイト



通知センターがアプリのランチャーで活用できるととても便利なことを実感している毎日ですが、GoodReaderの特定のファイルへもURLスキームを利用してジャンプすることが出来ます。

例えば、Evernoteをランチャーで起動しても、本当に見たいファイルまでたどり着くのにノートブックを渡り歩くので、何ステップかが必要になります。

しかし、GoodReaderに入っているファイルなら、URLスキームを登録しておけば、ファイルに一発でアクセスできるので、速くて便利です。

Evernote関連アプリのSmartEverやCleverでも、指定ノートブックへのURLスキームが用意されているのですが、僕のiPhoneの環境はiOS5.0.1で、これらのアプリがiOS5.1以上必須だったので、インストールできませんでした。

それを解決したのが、この方法だった訳です。
GoodReader for iPhone App
カテゴリ:仕事効率化
価格:¥450(記事掲載時点)
バージョン: 3.19.3
リリース日:2009/02/28
AppStoreで詳細をみる


先日iPadで簡単にYoutubeGoodReader for iPadに保存する方法を紹介しましたが、GoodReader for iPhoneもアップデートにより、iPhoneでも簡単にYoutubeをiPhoneに保存できるようになったので、その方法を紹介したいと思います。やり方はiPad版と一緒です。
GoodReader for iPhone App
カテゴリ:仕事効率化
価格:¥450(記事掲載時点)
バージョン: 3.19.3
リリース日:2009/02/28
AppStoreで詳細をみる


GoodReader for iPadがアップデートで、youtubeなどの動画をGoodReaderに保存できるSafari用のブックマークレットの提供を開始しました。。それを使ってyoutubeを保存する方法を紹介します。
GoodReader for iPad App
カテゴリ:仕事効率化
価格:¥450(記事掲載時点)
バージョン: 3.19.4
リリース日:2010/04/01
AppStoreで詳細をみる


サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP