HOME   »  LAMY
RSSフィード

見た目が美しいLAMYの4色ボールペン「LAMY2000」。

純正の芯の書き心地がイマイチなので、LAMY2000の芯の規格である「4C」である芯を色々試して利用していました。

最近では、ゲルインクボールペンの「HITEC-C」に落ち着いていました。
【関連】LAMY2000の4色ボールペンでもHI-TECが使えて感動!

しかし、最近になって、ボールペンで有名な「ジェットストリーム」の芯もLAMY2000で利用できるようだということを知りました。

その芯は、元々ジェットストリームの高級版「ジェットストリーム プライム」向けの替芯です。

発売されたのが2013年10月でした。
【参考】『ジェットストリーム プライム』 |2013年|プレスリリース|三菱鉛筆株式会社

この芯は、4Cという規格は表示されていないのですが、LAMY2000で使えます。
【参考】LAMY 2000 を Uni JETSTREAM 4C互換替芯に: マグマ大使の道具箱

というわけで、普段使用している4色ボールペンのLAMY2000の芯をジェットストリームに交換してみました。

LAMY2000が滑らかな書き心地に大変身しました。

スポンサーサイト



LAMY safariのボールペンは、Lamy Safariのボールペンをちょこっと改造するだけで書き味抜群にする方法で書いたように、他社製の芯を利用しています。

ただ、ボールペンの回し過ぎにより芯先からインクが出かかって汚してしまいました。

単に拭いても落ちなかったので、除光液を使って汚れを拭き取ってみました。
lamy-safari-ボールペン

友達の使用しているLAMY safariのシャープペン(ブラック)が気に入ってしまったので、買ってしまいました。

これで、LAMY safariのシャープペンシルは3本目です。どつぼにはまってさあ大変。

でも、気に入っているのでよしとします。

意外にも、ブログで取り上げるのは、シャープペンシルとしては初でした。

今回は、LAMY safariのブラックの購入レビューをしてみようと思います。

今までと異なるのは、マットモデル(つや消しモデル)だということです。

今までのシャープペンシルとはちょっと違います!

2013年のLAMY AL-starシリーズの第1弾はシャンパンゴールドでした。そして、第2弾は何とオールブラックです。ブラックはsafariシリーズにもありますが、より黒々とした色合いとなっているので、紹介しようと思います。

ラミーサファリのボールペンはポップな色が多いので気に入っています。

先日、2013年の新色ネオンイエローのボールペンを購入しました。
【関連】LAMY safariの2013年新色ネオンイエローのボールペンを購入!

レッドのボールペンも持っていて、そちらは黒インクを利用していました。

今回のネオンイエローでは青インクを使いたかったので、書き心地をよくするために今回もPILOTの替芯を購入し、取り替えてみました。

サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP