HOME   »  LAMY2000
RSSフィード

見た目が美しいLAMYの4色ボールペン「LAMY2000」。

純正の芯の書き心地がイマイチなので、LAMY2000の芯の規格である「4C」である芯を色々試して利用していました。

最近では、ゲルインクボールペンの「HITEC-C」に落ち着いていました。
【関連】LAMY2000の4色ボールペンでもHI-TECが使えて感動!

しかし、最近になって、ボールペンで有名な「ジェットストリーム」の芯もLAMY2000で利用できるようだということを知りました。

その芯は、元々ジェットストリームの高級版「ジェットストリーム プライム」向けの替芯です。

発売されたのが2013年10月でした。
【参考】『ジェットストリーム プライム』 |2013年|プレスリリース|三菱鉛筆株式会社

この芯は、4Cという規格は表示されていないのですが、LAMY2000で使えます。
【参考】LAMY 2000 を Uni JETSTREAM 4C互換替芯に: マグマ大使の道具箱

というわけで、普段使用している4色ボールペンのLAMY2000の芯をジェットストリームに交換してみました。

LAMY2000が滑らかな書き心地に大変身しました。

スポンサーサイト



LAMY2000は美しいラインが魅力的なのですが、純正の芯だと書き心地がどうもイマイチ。

書き心地を改善するために、他社製のリフィルを色々試していたわけですが、最近はずっとパイロット社のHI-TEC-Cの0.4を利用してきました。

そしたらですね、なんと、、青と黒がほぼ同じタイミングでインク切れしてしまいました。

ということで丸善で替芯0.3を購入。

今回は、HI-TEC-Cの0.4から0.3に変更してみた様子を紹介したいと思います。

LAMY2000は1966年に登場し、すでに40年以上も経過しましたが、ロングセラー商品となっています。

そんな中、LAMY2000の後継、「LAMY2000 プレミエ ステンレス」が2012年の10月に発売されることとなりました。ラインナップは、万年筆・ローラーボール・ボールペン。また、以下のボールペンとステンレス製ペンスタンドのセットが限定で300セットの販売となっています。なんて美しいことか!欲しいー!
Lamy2000 press release stainless stand CG 1210010020

今回の新製品の名称がプレミエ ステンレスということで、ステンレスの重さが気になるところ。LAMY2000と重さ・長さ・価格について比較したものをまとめてみました。

以前書いた記事

では、替芯がいずれも油性ボールペンでした。

人によっては油性ボールペンがタイプではない人もいると思います。

ゲルインクの中で、LAMY2000に対応する替芯がないだろうかと探していたところ、見つけてしまいました。

有名な「HI-TECシリーズ」がLAMY2000で使えると知って、早速替芯を買ってみて取り替えてみましたので、紹介したいと思います。

以前、LAMY2000のボールペンの替芯を、パイロットのBRFー8Fに交換したことを書きました。
【関連】LAMY2000 ボールペンのリフィルを改造(交換)して書きやすくしたぜ!

今回は、三菱のSE-7に交換してみたので、その交換の様子を紹介したいと思います。

サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP