HOME   »  MacApp
RSSフィード

Textwellには、大きく分けて2つの機能があります。

  • アクション機能
  • スナップ機能

前者のアクション機能は、文章に対して様々な編集を加える時に行う機能であり、文章執筆中に使用する機能です。

一方、スナップ機能は、現在の文章を保存する役割があります。

しかし、自分は今までこのスナップ機能は使用していませんでした。

というのも、Textwellには文章を書いている途中でも自動的に保存操作を行ってくれていて、保存する動作をする必要を感じなかったためです。

たとえアプリが途中でクラッシュしても、失う文章はおおよそ1分から2分以内に書いた文章のみであり、復元するのはそれほど難しくありません。

しかし、スナップ機能は、iPhoneとMacのアプリ間でiCloud同期する事が出来るのですね。

ということは、iPhoneでスナップして、その続きをMacで書いたり、その逆を出来るという事です。

任意のタイミングで保存しておくことで、スナップに保存する文章はスッキリします。

今回は、このTextwellのスナップ機能について使い方を紹介します。

Textwell for Mac
スポンサーサイト



先日、iPhoneのLINEアプリに怪しいメッセージ「LINEウェブストアにログインできませんでした」がきたという記事を書きました。→LINEウェブストアにログインできませんでしたメッセージが来た

この記事では、第3者がメールアドレスとパスワードを入力してログインに失敗したことがうかがえる通知が来ました。

第3者が不正にログインできないように対策を立てる必要があります。

現在では、LINEにログインするためにLINE専用の4桁のパスワード(PINコード)を設定できるようになっています。

PINコードを利用したログイン方法は2014年7月17日に開始されたサービスであり、電話番号の異なるスマートフォンでログインしようとした場合に4桁の暗証番号が必要となります。
参考:【重要】スマートフォン版LINEのセキュリティ強化のため、「PINコード」による本人確認手順を追加しました(7/17開始) : LINE公式ブログ

この設定は今まで任意でした。

しかし、相次ぐ不正ログイン・乗っ取りを受けて、2014年9月22日より、スマートフォン版LINEアプリにおいて、PINコードの設定が必須になるという公式アナウンスが2014年9月19日にありました。

最近発生しているLINEへの不正ログイン(乗っ取り)の被害拡大を防ぐため、9月22日午後2時頃より、スマートフォン版LINEアプリにて、PINコードの設定が必須になります。

参考:【重要】不正ログイン(乗っ取り)の被害拡大を防ぐため、PINコードの設定を必須にします : LINE公式ブログ

そこで、早速ですが、iPhoneのLINEアプリにおいてPINコードを設定したので、その方法について紹介します。

lineのpincode設定方法

レポートで使用する図に矢印を入れたいと思いました。

MacアプリのSkitchという選択肢もありましたが、矢印の見た目がそれほどよくありません。

そこで何かないかと探していた所、実はMacのプレビュー機能から矢印を追加出来る事がわかりました。そこで今回は、Macのプレビューを利用して、矢印を入れる方法を紹介します。

Previewicon

Macのテキストエディタ「Sublime Text 3」をインストールしたのですが、日本語環境に設定する手順を少し間違えて、消してはいけないファイルを消してしまいました。

これはもう1回インストールしなければ行けないと思い、初めからやり直すことにしました。

この際、インストールした時に残っているSublime Text関連のファイルは全て消去してからの方が良いと思ったので、アプリに関連するファイルを全て消去できるMacアプリを探してみました。

すると、AppCleanerというフリーのMacアプリにたどり着きました。

今回は、使い方が簡単な「AppCleaner」について紹介しようと思います。

appcleaner

Macのテキストエディタ「Textwell」にはアクション機能があります。

このアクション機能がTextwellで文章を快適に書くための生命線です。

MacでのTextwellのアクションは、キーボードショートカットを割り当てる事が出来ます。

頻繁に使用するアクションがある場合、キーボードショートカットの設定を行うと操作が快適になります。

今回は、Mac版Textwellのアクションにショートカットを割り当てる方法について紹介します。

Textwell for Mac
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP