HOME   »  Pastebot
RSSフィード
前回、手書きで書いた数式を画像やLaTeX形式に保存できるiPhoneアプリ「MyScript MathPad」という記事を書きました。今回は、その続編です。

iPhoneで書いた数式をLaTeX形式に出力してから、Mac側へ出力する具体的な手順を紹介します。キーとなるのは、Pastebotというクリップボード拡張アプリです。
tex-mathpad-pastebot

スポンサーサイト



PastebotはiPhone⇔Mac間でのコピーの受け渡しとして非常に活躍しています。当ブログでも以下のような記事を書いたほどです。
さて、先日イーモバイルのモバイルWi-Fiルーター「GL06P」をレンタルしました。自宅のWi-FiだとPastebotでiPhone⇔Mac間の同期が出来たのですが、レンタルしたWi-Fiルーターだと同期出来ませんでした。

Pastebotの同期できる条件としては、ローカルWi-Fi環境下とあったので、出来るはずだと思っていました。

調べてみた所、ブラウザからちょっとした手順を踏む必要がありましたので、その解決方法を紹介しようと思います。他のモバイルWi-Fiルーターで同様の問題がある方も解決するかもしれません。


以前にPastebot SyncでMac⇔iPhone同期が凄くイイ!という記事を書いたのですが、今回は、iPad miniとiPhone間でクリップボードを同期して、デバイス間のコピーを楽にする方法を紹介したいと思います。
Pastebot — コピー&ペースト強化ソフト App
カテゴリ:仕事効率化
価格:¥350(記事掲載時点)
バージョン: 1.4.2
リリース日:2009/12/15
AppStoreで詳細をみる


前回の記事→ストック数200!Pastebotでコピー作業が捗りすぎて凄い!でPastebotの基本的な使い方を紹介し、一部触れましたが、Macとの双方向同期できるので、さらに活用範囲が広がります。むしろ、Macとの同期が出来る方が便利な位です。

同期できるとどうなるかというと・・・
  • Macでコピーしたものが瞬時にiPhoneのクリップボードに反映
  • Macに送信したいPastebot(iPhone)のクリップボードを長押しすることで、Macのクリップボードに瞬時に反映
されるということです。スゲー。

ではその設定方法&使用方法について紹介していきます。
Pastebot — コピー&ペースト強化ソフト App
カテゴリ:仕事効率化
価格:¥350(記事掲載時点)
バージョン: 1.4.2
リリース日:2009/12/15
AppStoreで詳細をみる


少し使用して、もっと早い時期にこのアプリをダウンロードしておけばよかった!と思いました。このPastebotはiPhoneでのコピー作業がめちゃくちゃ快適になる優れものでした。

例えば、iPhoneでWeb閲覧していて複数箇所コピーしたい時には、今まではコピー→メモアプリにペースト→Webに戻ってまたコピー→メモアプリにペースト→Webに戻ってまたコピー→・・・とアプリを切り替える必要がありました。

それが、このPastebotだと、iPhoneでWeb閲覧していて複数箇所コピーしたい時に、Pastebotを立ち上げてから、コピー&コピー&コピー&・・・&コピーという感じで、コピーしたいものをすべてコピーしてからPastebotに戻ると、コピーしたものが以下のようにすべてクリップボードに保存されます。クリップボードに200個もストックでき、また、とっておきたいものはフォルダに入れておけば消える心配もありません。
Pastebot1209171147
今回は、Pastebotの基本的な使い方について紹介したいと思います。

Pastebot — コピー&ペースト強化ソフト App
カテゴリ:仕事効率化
価格:¥350(記事掲載時点)
バージョン: 1.4.2
リリース日:2009/12/15
AppStoreで詳細をみる


サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP