HOME   »  Twitter
RSSフィード
以前から、ブログ記事にはTwitterで共有できるためのソーシャルボタンを設置していました。

しかし、スマートフォンの場合、「このボタンから共有する人はいるのだろうか」という疑問を持っていました。

というのも、このボタンから記事をつぶやこうとした場合、Twitterにログインする必要があるのです。

ソーシャルボタンtwitterアイコン
▲Twitterボタンを押して記事を共有しようとした場合、このような画面になることは見た事がある人も多いと思います。

しかし、果たしてここからログインしてまで共有するでしょうか。面倒くさくなってツイートしなくなってしまう可能性大です。

僕は、iPhoneのSafariで記事を閲覧中に「この記事をTwitterで共有したい!」と思った時には、ブックマークレットを使用しています。

詳しくはこちらの記事→iPhoneのSafariで見ているページタイトルとURLをTweetbotでつぶやくブックマークレットを作ってみたをご覧ください。

この方法を利用しますと、Twitterにログインする必要はありません。

ログインする必要がないので、Twitterで共有するという障壁も小さくなります。

しかし、この方法は、ブックマークレットを登録していないと行うことが出来ません。

そこで、「ブックマークレットを登録していない人でも同じように共有できないか」、ということを考えていると。。。

いいことを思いつきました。

それは、上記記事と同じようなボタンを配置すればいいという事です。

どんな風になるかというと、
  1. ツイートボタンをタップすると、
  2. タイトルとURLがセットされている状態で
  3. スマートフォンの公式Twitterアプリが起動
するということです。つまり、画像で説明すると、

ソーシャルボタンtwitterアイコン
▲スマートフォン記事中のツイートボタンをタップすると(左)、タイトルとURLがセットされている状態で公式アプリが起動するということです(右)。

ということです。これならツイートするまでの障壁が格段に小さくなります。

なお、iPhone・Androidの公式アプリで動作することを確認しました。

この機能を持ったボタンの配置の仕方を残しておこうと思います。

スポンサーサイト



Google Analyticsの「集客」→「ソーシャル」→「ランディングページ」から、特定のページ(理系大学生なら絶対覚えておくべきWordの数式のショートカット)のTwitter流入元を見てみました。

すると、ご覧のようになっています。

googleanalytics-twitter-url

一番上にある短縮URLの影響が大きい事がわかるので、これは誰由来のものなのかということを知りたいと思いました。

ちなみに、この短縮URLをブラウザのアドレスバーに入力すると、そのページに繋がります。今回の場合は、http://nasimeya.blog.fc2.com/blog-entry-395.htmlになります。

諸事情により、iPhoneで使用するメインTwitterアプリを「Tweetbot」から「Janetter」にしました。理由はこちら→リストのスワイプ切替が出来るiPhone用Twitterアプリ「Janetter」をメインで使う事にした

それに伴い、以前作成していたSafariで見ているページをTweetbot 3でつぶやくブックマークレットも、「Safariで見ているページをJanetterでつぶやくブックマークレット」に変更したくなりました。

そこで、実際にちょこっといじって変更しました。
janetterfortwitter

先日、リストのスワイプ切替が出来るiPhone用Twitterアプリ「Janetter」をメインで使う事にしたという記事を書きました。

TwitterのメインアプリはJanetterにしたのですが、全ての機能をJanetterに任せている訳ではありません。一部の機能はTweetbotを利用しています。それぞれのアプリのいいとこ取りです。

2つのアプリ「Janetter」と「Tweetbot」の特徴を比較しながら見ていこうと思います。
janetterfortwitter

先日、メインに使用するTwitter用iPhoneアプリをTweetbotからJanetterに変更したという記事を書きました。

アプリ内では様々な設定を行えます。設定をちょこっと変更する事で、使い心地が大きく変わります。

そこで、自分がJanetterで使用している紹介します。
janetterfortwitter

サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP