HOME   »  iOS6
RSSフィード
本日iOS6.1.3がリリースされました。

早速iPhoneをiOS6.1.3にアップデートしてみました。
スポンサーサイト



iOS6.1.2のアップデートがやってきました。内容は、ネットワークアクティビティの増加やバッテリー寿命の短縮につながる可能性のあるExchangeカレンダーの問題の修正という事です。

Exchangeカレンダーは使っていませんが、とりあえずアップデートしておきました。


▲ダウンロード容量は、iPhone4Sの場合、11.5MBでした。

本日、iPhone4S向けにiOS6.1.1がリリースされました。先日iOS6.1のアップデートがあったにも関わらず、短期間での新たなアップデートがやってまいりました。


▲内容としては、iPhone4Sのモバイル通信のパフォーマンスの改善のようです。要は3G回線の不具合の修正です。そう言われれば最近調子悪かった。

iPhone4SでWi-Fi以外の通信手段は3Gなので、ここに不具合があっては問題です。

僕はiPhone5持ちではなく、iPhone4Sだったので、早速アップデートを行ってみましたので簡単に手順をまとめておきます。
昨日、iOS6.1のアップデートがやってきました。自分では気づかなかったのですが、日本語入力中にスリープするとアプリが落ちるという不具合がありました。

アップデートする前に確認してみた所、確かに落ちました。iPhoneでブログの下書きを行っている僕としては、致命的なバグであるはずにも関わらず、今まで気づきませんでした。

おそらく書き続けている間にスリープする事が無かったのだと思います。

でもちょっと落ちる時もあったかも汗

という訳で、今回は、iPhone4SをiOS6.0.1からiOS6.1にアップデートしましたので、その手順を紹介します。

iOS5.1から設定に関するURLスキームが無効となってしまいました。

これに伴い、ランチャーアプリを使用して通知センターから設定へジャンプすることができなくなってしまいます。

先日設定のURLスキームの利用を諦めて、やっとiPhoneをiOS5.0.1から6.0.1にアップデートしました。当然Wi-Fiや明るさの設定URLスキームは無効となりました。

しかし、明るさに関しては「明るさ調節」というアプリを利用すれば、簡単に明るさを通知センターから調節することが可能でした。

今回はその方法を紹介したいと思います。
明るさ調節 App
カテゴリ:ユーティリティ
価格:無料(記事掲載時点)
バージョン: 1.3
リリース日:2011/10/12
AppStoreで詳細をみる


サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP