HOME   »  Androidアプリ
RSSフィード

以前、Suicaで使用した記録を家計簿アプリ「Zaim」へ送信するための手順を以下の記事で紹介しました。



Suicaで使用した記録をZaimへ登録出来るのはもの凄く便利でした。

しかし、これらの記事では、Suicaの購入記録情報をZaimへ記録するまでに、色々と過程を踏む必要がありました。

ところが、Androidアプリの「Suim」を使用すれば、直接SuicaからZaimへ送信出来る事がわかりました。

今までの利用法に比べて格段に速くSuicaからZaimへ記録出来るようになりました。

ちなみに、SuimとはSuica to Zaim の略だそうです。

今回は、Androidアプリの「Suim」を利用して、Suicaで使用したデータを家計簿記録サービス「Zaim」へ登録する方法を紹介します。

Suim ( Suica to Zaim)
今まで支出管理アプリとして、iPhoneアプリの「支出管理」を利用してきました。

この方法を変更し、これからは、「Zaim」を利用することにしました。

Zaimを利用する1番の決め手は、Suicaでの購入データを反映出来る点です。(ただし、NFC機能を搭載した端末に限ります。)

日頃、Suicaでの支払い場面が多くあるので、このポイントは大きいです。

ただし、Zaimから直接Suicaのデータを読み取るわけではありません。Andrroidアプリを経由させます。

先日購入したAndroid端末「Google Nexus 5」にはNFC機能が搭載されています。

NFC機能を利用して、
  • Suica ReaderでSuicaでの購入データを読み込む
  • Suica Readerでそのデータをcsvファイルとして書き出す
  • csvファイルをAndroid端末上で開いてDropboxに保存
  • PC上でZaimを開き、csvファイルをインポート
ということができます。

こうやって書いてみると面倒くさそうな気もしますが、実際はそうでもありません。思い出す労力に比べたら圧倒的に楽です。

先日、クラウド家計簿アプリ「Zaim」へcsvファイルからデータをインポート出来ないという記事の中で、ほとんど過程を書いたのですが、記事でも言及したように、最後の所でエラーが起きていました。

現在はこの不具合が解消されてインポートできるようになっています。

上記事の完成版として、この記事でSuicaでの購入データをZaimへ反映させる手順を紹介します。
zaim

以前に、Suicaの使用記録を読み取り履歴を保管できるAndroidアプリ「Suica Reader」を紹介しました。
【Android】Suica/Pasmoの利用記録をスキャンできるNFC機能を利用した「Suica Reader」が凄い!CSV形式での出力も可能!

普段Suicaでの支払いが多いので、このAndroidアプリのおかげで支出の管理の手間が減りました。

Suica Readerの紹介記事の中では、有料オプションを購入することで、履歴をcsvファイルとして出力出来ることも紹介しました。

しかし、以前の記事では、端末内に出力したデータを保存することに手こずっていました。

ところが、Androidの無料アプリ「Kingsoft's WPS Office」を使用すれば、保存した履歴データを表示し、xlsxファイルをクラウド(Dropbox)に保存する事が出来ました

Dropboxに保存できれば、支出管理のデータの使い道が広がります。今回は、保存方法を紹介します。
suicareader

Android端末でWebサーフィンをしていて、このページタイトルとURLをTwitterへ投稿したいなと思った時には、Sleipnirブラウザを使うと簡単に解決します。

様々なブックマークレットが用意されたブックマークレット集「Tapmarklets」というサービスがありました。
iPhone / iPad / Android 向けブックマークレット集「Tapmarklets」

この中に、Twitterで共有するというブックマークレットがありました。

ここに紹介されているブックマークレットは、Sleipnirアプリだと簡単に登録できるようになっています。そこで、Sleipnirに登録する手順を紹介します。


スマートフォンの基本的な動作「検索」

これが「簡単に出来るか出来ないか」はスマートフォンの使いやすさを判断する上で重要です。

簡単に出来るか出来ないか」を決める最も重要な指標は何でしょうか。それは、アプリを起動した時に検索窓にカーソルが入っているかという事だと思います。

もし入っていれば、検索窓にカーソルを合わせるためのタップが必要ありません。

画面が大きいスマートフォンだと、その手軽さがより明確になります。

例を見てみます。Nexus 5だと、ホーム画面において、下からスワイプするとGoogle検索アプリが起動します。

android-google検索
▲下からスワイプしてGoogle検索アプリが起動すると(左)、すでに検索窓にカーソルが入っている状態です。

ここに検索語句を入力した後に、右下の検索ボタンを実行すれば検索が開始できます。

Google検索アプリは僕にとって「使いやすい」ブラウザにあたります。

GooglePlay直営からSIMフリーのNexus 5を購入するには、クレジットカード限定でした。

そのため、GoogleWalletにはクレジットカードを登録しました。

現在、Nexus 5で有料アプリを購入しようとした場合、クレジットカードでの支払いが出来てしまう状態にあります。このままだと、上限なく買えてしまうので、気をつけないと限りなく使用してしまいます。

それを防ぐために、有料アプリを購入する時にパスワードを設けるという手段もあります。

しかし、何らかの事情によりパスワードが解除されている状態で他の人の手に渡れば、破産への道が開けてきます。

そもそも、クレジットカード登録はしたのは、Nexus 5を購入するためのみでした。もう紐付けしておく必要がありません。

有料アプリを購入したければ、ギフトカードを登録すればいいです。

ギフトカードであれば、プリペイド式なので上限が決まっています。使いすぎる心配がありません。

そこで今回は、GoogleWalletに登録したクレジットカード情報を削除する方法を紹介します。

スマートフォンを使用していて、一番変更する設定項目は明るさです。明るさを簡単に変更する方法は重要です。

そこで、アプリを起動したら明るさをスライドバーで調節できるAndroidアプリを探していたところ、WellBrightnessというアプリが見つかりました。

単純なアプリですが、ランチャーアプリと併用することで明るさを簡単に調節できるようにしてみました。一緒に紹介します。
Well Brightness (-78% ~ 100%)

以前に「Smart Task Launcher」を紹介しました。→【Android】大画面でも大丈夫!通知領域にアクセスしやすくする「Smart Task Launcher」

「Smart Task Launcher」は、ホーム画面に配置したバーに対してのスワイプ動作を割り当てることができるアプリです。

この中で特に便利なのが、「Launch App」という動作です。簡単に言えば、ランチャー動作です。

このランチャー動作の使いやすい点は、起動したいアプリ上で指を離す事でアプリが起動できる点です。

そこで今回は再び「Smart Task Launcher」を取り上げ、ランチャー動作に焦点を当てて紹介しようと思います。
Smart Task Launcher

iPhoneと違って、Androidでは入力キーボードを選ぶ事が出来ます。

有名な入力キーボードどころでは、
  • ATOK(1500円)
  • Google日本語入力(無料)
  • Simeji(無料)
などがあります。

このうち、ATOK(1500円)には15日のお試し版(無料)があります。お試し版では、有料版と同じ機能を使用する事が出来ます。

有料版を購入する前に無料で試せるのは有り難いです。

ということで、今回はATOK for Androidお試し版の利用の仕方と、自分が行った設定について紹介しようと思います。


Nexus 5には、NFC機能があります。

NFCは、Near Field Communicationの略であり、近距離無線通信の事を意味します。
「NFC」とは、ソニーとフィリップス(現NXPセミコンダクターズ)が共同開発し、国際標準規格として承認された、今最も注目を集めている近距離無線通信技術です。
参考:NFCポータルサイト|NFCとは|【NFCとは】NFCの基礎知識と特徴について


このNFC機能を利用した大変便利なアプリがあります。

それは、AndroidアプリのSuica Readerです。Suica Readerについては、こちらの記事で知りました。→iOSデバイスがあるのにAndroidデバイスも使う理由と便利なアプリ5選 | シゴタノ!

Suica Readerを起動してSuicaをかざすだけで、Suicaの利用記録の履歴を保存する事が出来ます。さらには、99円のアプリ内課金を行えば、csvファイルとしてエクスポートする事も出来ます。

普段の支出の大抵がSuicaで行える範囲の行動のみなので、収支計算の手間が非常に省ける画期的なアプリを知りました。

今回は、このAndroidアプリ「Sucia Reader」の使い方を紹介しようと思います。


スポンサードリンク
楽天
2014年7月現在使用しているブログ用iPhoneアプリ16個
iPhoneホーム画面
人気エントリー
先月の人気記事
第1位(→0)
iPhoneにある写真(画像)をセブンイレブンで現像する方法

第2位(→4)
総計290個以上掲載!iPhoneアプリのURLスキーム一覧

第3位(↗︎2)
【iPhone】秘密の質問を忘れたのでAppleのサポートに電話してリセットしてもらった

第4位(↘︎2)
理系大学生なら絶対覚えておくべきWordの数式のショートカット

第5位(↘︎1)
iPhoneのパスコードを10回間違えると再入力までに60分必要

第6位(↘︎1)
SoftbankのiPhone4s→iPhone5sへ機種変更した時の料金試算

第7位(↗︎3)
iPhoneの画面を録画できるMac・Windowsアプリ「Reflector」のインストール方法・使い方

第8位(↘︎4)
iPhone/iPadのパスコードロックを10回間違えた時のデータ消去機能を実行してみた

第9位(↗︎4)
xRecというiPhone画面を録画できるアプリが再び登場!

第10位(↘︎2)
【iPhone】秘密の質問を忘れて間違えすぎるとApple IDが8時間ロックされる

第11位(→0)
iPhoneの写真を1枚5円で現像出来るネットプリントジャパン!

第12位(→0)
パラメータ有りiPhoneアプリのURLスキーム一覧

第13位(↗︎30)
青春18切符で東京から大阪へ~東海道線を突っ走る旅(1日目)

第14位(↗︎55)
青春18切符を利用した旅行時に活躍したiPhoneアプリのまとめ

第15位(↗︎16)
セリアでiPhoneの防水ケースを購入!風呂場で使うときに便利!

全記事表示リンク
サイト内検索
プロフィール

nasimeya

Author:nasimeya
Twitterアカウント→@nasimeya
iPhone5S/iPad3/iPad mini/MacBookAir13inch/Nexus5を現在所持しており、アプリとか紹介を主にしています。LAMYなど文房具もちょくちょく。ブログは楽しく書くことを心掛けております。

日にの観察ブログの更新は停止しています。

新しいブログはこちら⇒なしめやブログ(http://nasimeyablog.com

2013年5月現在利用している主力iPhoneアプリ26個
iPhoneホーム画面
2013年5月現在利用しているブログ用iPhoneアプリ13個
iPhoneホーム画面
iPad mini用おすすめアプリ8選

PAGE TOP