HOME   »   ブログ運営  »  MacのMarsEdit・テキストエディットで特定のHTMLタグを削除する方法
RSSフィード

iPhoneからFC2ブログへアップロードするためには、するぷろというアプリを利用しています。

するぷろを利用すると、改行はbrタグに変換されるという仕様になっています。

このため、iPhoneから一旦アップロードしたファイルをMarsEditで確認すると、以下のようにbrタグが沢山混在しています。

Machtmlタグ削除

▲アップロードしたファイルを見ると、各所にbrタグ(改行タグ)が見られます。これらはいりません。むしろ邪魔なので削除したいです。

そこで、特定のタグを削除するには、エディタアプリの検索と置換機能を利用する事で解決できるので、その事を紹介しようと思います。

スポンサーリンク

MarsEdit内で特定のHTMLタグを削除する方法

Machtmlタグ削除

▲そこで、キーボードショートカットのcommand+ Fを押して、Findの欄に削除したい文字を入力し、Relpace withの欄を空白にしたまま、Replace Allを押します。

Machtmlタグ削除

▲すると、brタグを削除する事が出来ました。

テキストエディットでも特定のタグを削除する事は可能

上の例では、ブログ執筆エディタアプリのMarsEditでの例を紹介しました。

しかし、同様の事は、Macに最初からインストールされている「テキストエディット」アプリでも行えます。

まずは、テキストエディットアプリを起動します。

Machtmlタグ削除

▲そして、エディタ内に置換したい対象テキストを入力している状態で、テキストエディットのメニューバーの編集→検索→検索と置換を選択します。

Machtmlタグ削除

▲上の検索窓に削除したい文字を入力し、下の検索窓は空白にしたまま、「すべて」をクリックします。

Machtmlタグ削除

▲すると、テキストエディットアプリでも同様にbrタグを削除する事が出来ました。

まとめ

エディタの置換機能を利用する事で、特定のタグを削除する事も出来ます。

特にFC2ブログを利用している場合には頻繁に利用するタグだと思います。

一般的なエディタアプリならば、同じように特定の文字を削除する事が出来ます。

MarsEdit - the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more. App
カテゴリ:ソーシャルネットワーキング
価格:¥4,000(記事掲載時点)
バージョン: 3.6.5
リリース日:2010/12/16
AppStoreで詳細をみる

関連記事

Macで現在の年月日時刻を簡単に取得する方法

Macなら必須!コマンドランチャーアプリ Alfredの使い方

Macのブログエディタ「MarsEdit」で文字を置換する方法

Macでブログを書くならばMarsEditだという理由を熱く熱く書く

ブログ執筆アプリMarsEditでくらった意外な制限

MarsEdit用AppleScriptを使って作成したリンクが別タブで開くようにした

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
MacApp   MarsEdit   テキストエディット   HTML  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP