HOME   »   Macアプリ  »  Mac版TextwellでiPhoneのアクションをインポートする方法
RSSフィード

iPhoneでブログを書く時にはTextwellというエディタアプリを使用していました。

そのTextwellにMac版が登場した事は、前回の記事で紹介しました。

Mac版ではiPhoneで使用していたアクションが基本的には使用出来るので、そのまま利用する事が出来ます。

iPhoneで使用していたアクションをMacでも使用したい場合、アクションをインポートした方が楽でしょう。

アクションをインポートするために、iCloud機能を利用出来ます。

今回は、iPhoneで使用しているアクションをMacのTextwellへインポートする方法について紹介します。

Textwell for Mac
スポンサーリンク

iPhoneのTextwellからiCloudへアクションを書き出す方法

まずは、iPhone側の設定から。

Textwell

▲iPhoneのTextwellのアクション集のSettings項目中にある「Export Actions」のIMPORTをタップし(左)、保存をタップします(右)。

Textwell

▲そして、アクションから今保存した「Export Actions」をタップし(左)、iCloudを選択します(右)。

Textwell

▲すると、書き出しましたという文字が一番上に表示されました。これでiPhone側の設定は終了です。

Mac版TextwellにiCloudからアクションを読み込む方法

次に、Mac版Textwellの設定を行います。

Textwell-for-Mac

▲Textwellのメニューバーからアクション→「アクションをiCloudから読み込む」を選択します。

Textwell-for-Mac

▲すると、読み込みできませんと言われました。iCloudがオフになっていたので、ダメでした。設定を変更します。

Textwell-for-Mac

▲Macのシステム環境設定から、iCloudと進み、

Textwell-for-Mac

▲書類とデータにチェックを入れます。念のため、オプションを見てみます。

Textwell-for-Mac

▲Textwellにチェックが入っていたらOKです。完了を押しておきましょう。

Textwell-for-Mac

▲再び、Textwellのメニューバーからアクション→「アクションをiCloudから読み込む」を選択します。

Textwell-for-Mac

▲すると、読み込むアクションを選択出来ます。全てインポートしたければ、このまま「アクションをインポート」を選択します。

Textwell-for-Mac

▲すると、iPhoneにあるTextwellからアクションをインポート出来ました!めでたしめでたし。

まとめ

iPhoneのTextwellのアクション環境をiCloud経由で簡単にMacに移植出来たので楽でした!

Textwell App
カテゴリ:仕事効率化
価格:¥1,000(記事掲載時点)
バージョン: 1.0
リリース日:2014/08/29
AppStoreで詳細をみる
Textwell App
カテゴリ:仕事効率化
価格:¥300(記事掲載時点)
バージョン: 1.2.4
リリース日:2013/09/11
AppStoreで詳細をみる

関連記事







スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
iPhoneApp   MacApp   Textwell   テキストエディタ   iCloud  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP