HOME   »   iPhoneアプリ  »  【Swipemint】登録は4つだけ!素早く起動できるランチャーアプリ!
RSSフィード
ランチャーアプリの代表格といえば、現在では、Launch Center Proといったところでしょうか。しかし、多くのアプリを登録できるが故に、起動に時間がかかってしまいます。

そこで登場したのが、Swipemintです。

このアプリは、登録できるアプリを4つに絞り、起動時間の素早さを売りにしたアプリです。使ってみるとすぐにわかると思いますが、Swipemintを起動し、登録したアプリを起動すると、すぐに反応してくれるので、ストレスフリーです。

そこで、登録画面などを紹介したいと思います。

Swipemint - シンプルな最速ランチャー App
カテゴリ:仕事効率化
価格:無料(記事掲載時点)
バージョン: 1.1
リリース日:2012/08/03
AppStoreで詳細をみる


スポンサーリンク
まず、Swipemintを起動した画面です。起動するアプリを登録するために、右上のiのマークを押します。
IMG_1931

次に、起動するアプリのurlスキームを入力します。上段に表示したいアプリ名、下段に起動するアプリのurlスキームを入力します。
IMG_1929

起動の仕方

アプリを起動するには、この画面で、起動したいアプリ名の方向へフリックします。
IMG_1932

ここでは、FastEverの方向へフリックしたので、しっかりとFastEverが起動しました。
IMG_1930

アドオンで広告を消去することも可能

アプリを起動する際の画面では、画面下部に広告が表示されていますが、アドオン(85円)で広告を消去することも可能となっています。起動するアプリ登録の際の右下にRemoveAdのマークがあるので、そこから広告の削除が可能です。
IMG_1933
アドオン購入を選択すればよいです。
IMG_1927

おすすめの使い方としては、普段よく使うアプリを登録するのがよいかと思います。iPhoneのトップ画面にこの各種アプリを起動するランチャーアプリを置くと便利だと思います。

今のところ、自分でurlスキームを入力しなければならない点を注意してください。
Swipemint - シンプルな最速ランチャー App
カテゴリ:仕事効率化
価格:無料(記事掲載時点)
バージョン: 1.1
リリース日:2012/08/03
AppStoreで詳細をみる

関連記事

現時点で通知センターから起動出来る最強アプリはMyShortcuts+ Viewerだった

MyShortcuts+Viewerを使って通知センターにカレンダーを設置してみた!

MyShortcuts+Viewer →Clipped→Gunosyをスムーズに起動しPocketへ送る方法

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
iPhoneApp   Swipemint   ランチャーアプリ  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP