HOME   »   Macアプリ  »  画像を圧縮するならMacアプリの JPEG Mini Liteが便利!
RSSフィード
ブロガーやwebデザインをしている方は、写真をアップすることが多いと思いますが、そのときに、表示速度を速くするために、できるだけ容量の小さい画像にしたいことがあると思います。JPEG Mini Liteは、1日20枚限定ですが、写真の容量を大幅に圧縮してくれるMacアプリです。アプリのアイコンにdietとあり、画像のダイエットができるということですね。

少し使い方に戸惑ったので、その使い方を紹介したいと思います。
JPEGmini Lite App
カテゴリ:写真
価格:無料(記事掲載時点)
バージョン: 1.8.1
リリース日:2012/05/30
AppStoreで詳細をみる


スポンサーリンク

注意点

圧縮したファイルは上書きされるので、元の大きい画像には戻せないことに注意してください。ですので、元のファイルを残しておきたい場合は、コピーなどを作るなどしておいてください。

また、jpeg形式のファイルしか圧縮することができません。

使い方

圧縮したいファイルをドロップします。
IMG_0639

ファイルを上書きする表示が出てくるので、Continueを押します。
IMG_3273

すると、圧縮が始まります。(すぐ終わります)そして、圧縮した容量がサークルの中に表示されます。
IMG_3274

いったいどれくらい圧縮できたか

圧縮する前の写真の大きさデータ
IMG_0636

圧縮した後の大きさデータ
IMG_3271

半分から2/3ほど圧縮できるようです。webサイトはサクサク動いた方が快適ですので、画像圧縮にはおすすめのアプリです。
JPEGmini Lite App
カテゴリ:写真
価格:無料(記事掲載時点)
バージョン: 1.8.1
リリース日:2012/05/30
AppStoreで詳細をみる


無料版では1日20枚ですが、もっと使いたい人向けに無制限のバージョンもあります。
JPEGmini App
カテゴリ:写真
価格:¥1,700(記事掲載時点)
バージョン: 1.8.1
リリース日:2012/05/01
AppStoreで詳細をみる


関連記事

MacアプリのJPEG mini(有料版)を使ってiPhotoにある写真(約13500枚)を約28GB→約12GBに圧縮!Macの容量回復!

Macのプレビュー.appだけで画像を簡単に透過することが出来た

Mac版Reederはショートカットを使えば爆速でチェックできる!

ブログエディタMarsEditの使いやすさが半端ない

【Macアプリ】PCを閉じてもスリープ状態にならず、iPhoneを充電出来る「Caffeine」が便利だった

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
MacApp   JpegminiLite   画像圧縮  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP