HOME   »   iPhone  »  iPhoneでiTunes Wi-Fi同期を自動的に行わないようにする方法
RSSフィード
普通にiPhoneを使っている分には、iPhoneはiTunes Wi-Fi同期を自動的に同期してくれるのはありがたい機能です。

しかし、OSアップデートの際などは、不具合が起きた後、復元してバックアップからやり直したとき、空のデータを同期してしまい、また不具合が起きたとき、バックアップからやり直そうとしても空のバックアップで復元してしまう恐れがあります。

そんな問題を解決するためにiTunesの設定から自動的に同期しないようにする設定する方法があるので紹介します。
Itunes 1209192122

スポンサーリンク

iTunes Wi-Fi同期を自動的に行わないようにする方法

iTunesの環境設定を押します。
ITunes1209192049

そして、デバイスを選択し、「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」を選択します。
ITunes WiFi同期 1209191924

これでWi-Fi環境で自動的に同期してしまうことは防げるようです。iOS5からiOS6にメジャーアップデートする際は、このような方法を使う人もいるかもしれませんね。

関連記事
スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
iPhone   iTunes   同期  
Comment
142
iPhone iTunes 同期できない
自動に同期できないことは、ほんとうにこまります

Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP