HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトiOS6  »  【iOS6】【URLスキーム】設定は無効のまま、アプリは有効
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
iOS5.0.1やそれ以前のOS使いの人、そして、iOS5.1や5.1.1の人でも一定規模の方が気になるのが、iOS6でのURLスキーム事情だと思います。結論から言うと、iOS5.1や5.1.1と変化はありませんでした。

通知センターからURLスキームを利用してアプリを起動する方法は以下の記事です。
現時点で通知センターから起動出来る最強アプリはMyShortcuts+ Viewerだった



設定のURLスキームは無効でしたし、アプリのURLスキームでは起動に成功しました。
実際に動くかをスクリーンショットを交えて解説しています。(確認デバイスはiPad 3rd gen. iOS6.0)

スポンサーリンク

設定のURLスキームは無効のまま

iOS5.1から設定のURLスキームは無効となってしまいましたが、やはりiOS6でも無効のままのようです。

ホーム画面に戻るURLスキーム home:
Wi-Fi設定のURLスキーム prefs:root=WIFI
Bluetooth設定のURLスキーム prefs:root=General&path=Bluetooth
いずれも無効でした。この他の設定へも同様に不可能でしょう。
IOS6 URLスキーム 1209201220

追記 2012年10月2日
Iconizerのアップデートにより、Iconizerではhome:が有効になりました。

タップしても「ローカルファイルです」の表示が出て設定へ進むことはできませんでした。
IOS6 urlスキーム 1209201225

アプリのURLスキームは有効のまま

一方、URLスキームがある、通常のアプリを登録してみると、問題なく起動しました。この辺りはi0S5.1や5.1.1と変更はないようです。
IOS6 URLスキーム 1209201229

起動の様子です。ちなみにこのアプリは日本将棋連盟ライブ中継 (無料)で、月350円の課金で棋譜をリアルタイム観戦できるアプリです。URLスキームはShogiLive:です。
IOS6 urlスキーム 1209201236

結局のところ、iOS6へのアップデートでURLスキームにそれほど変化があった訳ではありません。

気をつけるとすれば、設定のURLスキームを利用し続けたいのに、iOS5.0.1を利用している人がiOS6に間違ってアップデートしないようにすることぐらいでしょうか。

追記

iOS6.1.3に関して

2013年3月20日現在、iOS6.1.3での設定URLスキームは無効のままであることをiPhone4Sで確認しました。


関連記事


【iOS 7】【URLスキーム】iOS6と同様、設定は無効&アプリは有効

現時点で通知センターから起動出来る最強アプリはMyShortcuts+ Viewerだった

Iconizerを使って通知センターに「ホームに戻る」ボタンを設置する方法

総計290個以上掲載!iPhoneアプリのURLスキーム一覧

手持ちのiPhone&iPadアプリのURLスキームを調べる方法

Dueの通知内容をURLスキームにして、アプリを起動する活用例!

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
iOS6   URLスキーム   通知センター  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。