HOME   »   iOS6  »  【iOS6】iPad 3rdでSiriが使えるようになった!
RSSフィード
2012年の3月に発売されたiPadがようやくiOS6でSiriが搭載されました。iPhoneではiOS5.1から日本語でも利用できていました。Siriは日本語対応しているので、SiriからTwitterやFacebookを呼び出し、簡単に投稿することも出来るようになりました。
Siri iOS6 1209201723
また、使うかわからないですが、一部アプリを起動することも出来ました。
実際に試してみたSiriの機能を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Twitter投稿ができた

Siriを起動するには、設定>一般>Siriと進み、下図のSiriをONにします。
Siri iOS6 1209201629

Siriを起動する時は、ホームボタンを長押しします。そして、話しかけます。

~一連の流れ~
Siri -ご用件はなんでしょう
     「Twitterの投稿」
Siri -内容はどうしますか
     「iPad Siriからの投稿」
Siri -ツイート内容を変更しました。この内容で送信しますか。
     「はい」
Siri -ツイートを送信しました。
Siri iOS6 1209201636

なんか不思議な感じです。最初にSiriの起動が必要ですが、その後は言葉だけですべて出来てしまうので、素晴らしい機能です。

アプリの起動が出来る


Bylineは起動できました。「バイライン」と話しかけると、「Byline」と認識してくれて、起動できました。
Siri iOS6 1209201703

同様に、Dropboxも起動できました。

しかし、Evernote、Skitch、RollToEver、PictShare、Safariは名前を認識しても起動は出来ませんでした。この辺の仕組みはどうなっているのかわかりません。

これらの機能を実生活で利用しない気がしますが、Siriでいろいろ試してみるのは面白そうです。
Byline Free
カテゴリ: ニュース
価格: 無料
AppStoreで詳細をみる

関連記事
スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
iPhone   iPad   Siri   iOS6  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP