HOME   »   ブログ用アプリ  »  ブログ用加工なし写真のアップ&下書きは「するぷろ」に任せよう!
RSSフィード
ブログの記事を書くときに、全てパソコンでやった方が早いように思いますが、実は画像のアップロードはiPhoneアプリの「するぷろ」を使ったほうが楽な場合があります。それはどんな場合かというと、画像の加工なしでアップロードする場合です。

ブログを書く際はPCとiPhoneで分割したほうが早く仕上げることができることもあるということです。今回は、 iPhoneアプリ「するぷろ」を使ったブログ画像のアップロードと僕のiPhoneアプリ「するぷろ」の使い方(分割作業においてのするぷろの併用の仕方)を紹介したいと思います。

するぷろ for iOS(ブログエディタ) App
カテゴリ:ソーシャルネットワーキング
価格:¥450(記事掲載時点)
バージョン: 2.000
リリース日:2011/05/18
AppStoreで詳細をみる


スポンサーリンク

複数画像アップロードが楽々

するぷろで画像をアップロードするには、編集画面でPhotoを押してから、カメラロールを選択出来るので、アップしたい写真を選択します。複数の画像を選べるのがいいですね。選んだら右上のDoneを押します。
Slpro 1212051724

すると、画像のタグが選択枚数分だけ表示されます。この時点ではまだ画像はアップされていませんが、あとで記事をアップする時に一緒に画像もアップロードされるので心配ありません。
Slpro 12051728

画像の幅も指定出来る!

するぷろ編集画面にある右上のSettingバー>editから画像の幅を指定することができます。自分のブログに合わせて値を設定してください。
Slpro 12051734

実際にするぷろでアップした画像

さて、先ほど画像のアップロード方法で挙げた4枚を以下に貼ってみました。この写真は夏休に青春18切符で鈍行のどんぶらこ旅をした時の画像です。

名古屋駅。豊橋から新快速で約50分ほどでした。


名古屋駅前の定食屋さんで食べた味噌カツ定食。旨かったけどヘビーだった!


こちらは名古屋駅からあおなみ線にのって25分の所にあるリニア新幹線博物館で撮ったもの。新幹線や今試験走行しているリニア新幹線などが展示されていました。


鋭さMAXのリニア新幹線。愛・地球博でこの型番のキーホルダーを買った覚えがあります。


まとめ

複数画像を加工なしでアップロードする時は、iPhoneアプリのするぷろを使った方が、楽に画像をアップロード出来るということがお分かりいただけたと思います。

基本はPCでの編集が主な方が多いと思いますが、選択肢としてiPhoneでの編集もありえるということです。記事によって上手く使い分けていければいいですね。
するぷろ for iOS(ブログエディタ) App
カテゴリ:ソーシャルネットワーキング
価格:¥450(記事掲載時点)
バージョン: 2.000
リリース日:2011/05/18
AppStoreで詳細をみる


関連記事

【するぷろ】通勤&通学の際、電波が悪くても爆速でプレビューする方法

ブログ投稿前の誤字脱字チェックはするぷろから行うといい話

2013年5月版現在使用しているブログ用iPhoneアプリ13個

Macでブログを書くならばMarsEditだという理由を熱く熱く書く

アクセス解析のChartbeatはリアルタイムの解析に特化している!

アクセス解析用アプリ Analytics Tiles Appの視認性が抜群!

MacアプリVisitsは毎日のアクセスをツールバーでさくっと確認できて便利

突然消える心配ナシ!DraftPadの自動保存機能は絶大な安心感をもたらす!

僕が主に使用しているTextExpanderのスニペット

画像加工の要素を凝縮したアプリ ImageKit

iOSデバイスにスクリーンショットを埋め込んだ画像を簡単に美しく作成できるScreenshot-Frame Maker

URLを入力するだけ!SNSでの反応を確認出来るFeedback

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
iPhoneApp   ブログ   モブログ   するぷろ  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP