HOME   »   iPhone  »  iPhoneのSpotlight検索を利用して埋もれたアプリを簡単に見付け出す方法
RSSフィード
沢山のアプリをダウンロードしていると、どこにどんなアプリがあるのかわからなくなってしまうことがあると思います。

そんな時はiPhoneのSpotlight検索を使うとすぐに目的のアプリを見つけることができます。

今回はSpotlight検索を利用してiPhone内のアプリを見つける方法を紹介したいと思います。
Skitched 20130111 212107

スポンサーリンク

まずはSpotlight機能をオンにする

iPhoneにはSpotlight機能があります。これは、iPhone内の様々な項目を検索にかけて目的の項目を見付け出すことができます。

その方法です。設定>一般>Spotlight検索と進み、Appにチェックをいれます。これで設定は完了です。
Spotlight 1301112112

実際にアプリを探す方法

では埋れてしまったアプリを探してみたいと思います。

▼ホーム画面を右にスライドして左の画面に移動します。
Fime1301112111

すると検索バーが表示されると思うので、目的のアプリ名を入力します。今回は「Draftpad」というアプリを探してみます。

▼一文字目のdを入力すると以下の様になります。
IMG 5122

▼二文字目のrを入力すると以下の様になります。目的のDraftpadが出てきたので、タップするとアプリが起動します。一文字入力する毎にアプリが絞られていくので、目的のアプリがすぐ見つかります。
IMG 5123

まとめ

沢山のアプリがインストールされている状態だと、すべてのアプリの場所を把握している訳ではありません。Spotlight検索を利用すると、場所に関係なくガッツリ検索してくれます。

特に、普段使用しないデフォルトアプリは奥の方に入っているので、いざ探す時に役に立ちます。

本来はアプリを整理してアプリの位置を把握しておくべきなんですが、急いでアプリを見つけなければならない時は「Spotlight検索」は重宝すると思います。

設定の部分でチェックを入れておけばアプリだけでなく、連絡先やメモなども同様に検索する事が可能です。

関連記事

2013年5月版現在使用している主力iPhoneアプリ26個(ブログ用を除く)

ホーム画面革命!iPhoneのアイコンを空欄に置き換える方法!

iPhoneのメールを一気に既読にする方法

括弧の「」を辞書登録して簡単にiPhoneで入力する方法

iPhoneのパスワードの桁数を変える方法

iPhoneのホームボタンの効きを長持ちさせる方法

iPhoneで顔文字や日本語ローマ字のキーボードを非表示にする方法

iPhoneのSafariを閲覧している時にページ内検索する方法

iPhoneが16GBでもPictShare+Evernoteを使って上手く容量をやりくりする方法。

iPhoneの文字入力音を消去する方法

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
iPhone   Spotlight検索   アプリ  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP