HOME   »   LAMY  »  LAMY2000の替芯をHI-TEC-Cの0.3に変更!
RSSフィード

LAMY2000は美しいラインが魅力的なのですが、純正の芯だと書き心地がどうもイマイチ。

書き心地を改善するために、他社製のリフィルを色々試していたわけですが、最近はずっとパイロット社のHI-TEC-Cの0.4を利用してきました。

そしたらですね、なんと、、青と黒がほぼ同じタイミングでインク切れしてしまいました。

ということで丸善で替芯0.3を購入。

今回は、HI-TEC-Cの0.4から0.3に変更してみた様子を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

LAMY2000のボールペン用替芯「HITEC-C 0.3 mm」を丸善で購入!

lamy2000-hitec_c

▲前回に引き続いて丸善で購入。シールの先頭yが抜けて「ウザワヤ」となっていたので気になりました。笑

lamy2000-hitec_c

▲今回は、インクが切れた黒と青、そして、いつかなくなるであろう赤の0.3を購入しました。

今回購入した芯の型番は以下の通りです。

  • 黒がLHRF-20C-3-B
  • 青がLHRF-20C-3-L
  • 赤がLHRF-20C-3-R

早速HITEC-C 0.3 mmに芯を交換!!

lamy2000-hitec_c

▲LAMY2000のボディをひねります。

lamy2000-hitec_c

▲美しいボディの中には4本の芯が入っているので、黒と青の芯を取り外し、

lamy2000-hitec_c

▲新しい芯、セット良し!

lamy2000-hitec_c

▲装着完了!!あとは先ほどの美しいボディで4本を包みこんであげます。

HI-TEC Cの替芯0.3と0.4の違い

lamy2000-hitec_c

▲HI-TEC-Cの0.3は激細で、HI-TEC-Cの0.4は超極細と表記してありました。

超がついた方が太いっていうのは不思議ですね。0.5(極細)、0.4(超極細)、0.3(激細)という基準があるのかな。

今回0.3を試したのは、0.4よりも減りが少ないことを期待してのことです。

ゲルインクは油性に比べて減りが早いので、その減りが小さくなるのかなと思いました。これから一杯書いてみます。

LAMY2000×HITEC-C 0.3 mmの書き心地

lamy2000-hitec_c

▲最初焦りました。インクが出ないって。

でもしばらく優しく紙面上で転がしていると、インクが出てきました。

最初出にくかっただけのようです。後は問題なし!

書いてみた感じはやっぱり細いですね。

ただ、芯の細さが0.3ということで、強度がやや不安ですね。力を入れすぎると芯先が潰れそうです。

まとめ

ゲルインクはどうしても油性に比べてインクの減りが早いです。替芯も1本210円で高額です。

その欠点は理解しています。

ただ、やっぱり書き心地が滑らかで好きなんです。

現時点でLAMY2000のリフィルとして1番書きやすいと思うので、今後もHI-TEC-Cシリーズを利用しようと思っています。

関連記事

LAMY 全般について

LAMY 2000 ボールペンについて

LAMY safari ボールペンについて

LAMY safari 万年筆について

LAMY safari シャープペンシルに関して

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
LAMY   LAMY2000   替芯  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP