HOME   »   iPhone  »  【開封】iPhone&iPad用に純正Apple Wireless Keyboardを購入!
RSSフィード
大学の定期試験も終わり春休みがスタートしました。まだ寒いけど。

さて、試験中から欲しいと思っていたBluetoothキーボードを秋葉原のヨドバシカメラで購入しました。

iPhoneからもキーボードで入力(用途はブログ)を行いたかったので、思い切って純正のApple Wireless Keyboard(JIS)を購入しました。

US版もありましたが、所持しているMacBookAirの配列と同じ方が使いやすいと思ったので、JIS版を選択しました。US版のEnterキーが小さかったのも不安要素の1つ。

他のBluetoothキーボードよりも値段ははりますが、ここは純正の安心感を買いました。

早速開封の儀を行いたいと思います。
スポンサーリンク

いざ、開封!


▲こちらが今回購入したBluetooth対応のApple Wireless Keyboardの外箱です。早速開封です。


▲本体はご覧のようにただただ美しい。。。


▲右側側面は、電源ボタンです。


▲背面を見てみると、滑り止めが5箇所に施されています。キーボードは入力のしやすさが命なので、滑り止めは必須ですね。あまり目立たないしイイね!

電池の取り外し

Bluetoothキーボードは電池で動いています。もし動かなくなった時は電池を取り替えなくてはいけません。電池の取り替えのために交換の仕方を書いておきます。


▲まずは電源を切るために、右側側面の電源ボタンを3、4秒長押しします。


▲電源が切れたら、サイドチェンジです。ふたを開けるために硬貨を用意します。そして左回りに回していきます。山手線内回りの方向ですね!


▲もっと回します。


▲はい出てきました。Energizer advancedという充電池が入っていました。



▲充電池で有名なeneloopでも利用してみました。


▲+-の向きに注意して入れてください。


▲無事eneloopでも利用出来ました。Energizer advancedの電池が切れたら、eneloopを利用しようと思います。

まとめ

今回純正のApple Wireless Keyboardを購入しましたが、やはり他のキーボードと比べて美しさが違いますね。MacBookAirはキーボードが黒ですが、Bluetoothキーボードの白も良い色です。

設定に関して困った事やつまづいた事があれば、今後また記事にしていこうと思います。

さて、iPhone&Bluetoothキーボードを利用してブログを書くぞー!


関連記事

Apple Wireless Keyboard(JIS)を使用してみて、気になったことをまとめてみた

純正Apple Wireless KeyboardをiPhoneと接続する方法

2012年に購入して良かった電化製品ベスト5

行の入れ替えが出来るRowlineはモブログ必携アプリ!

僕が主に使用しているTextExpanderのスニペット

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
Bluetooth   キーボード   純正   Apple   モブログ  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP