HOME   »   iTunes Card  »  Macのカメラ部分にかざすだけで瞬時にiTunesCardのコードが認識されて凄かった!
RSSフィード
AppStoreでアプリを購入するのには、iTunesCardを利用しています。

iTunesCardのコードを入力することで額面分の金額を利用できるようになるのですが、このコードは入力するのが意外と面倒。

iPhoneからポチポチ入力するのは1枚ならまだしも、マルチパックの1000×3を1枚ずつ手作業で入力するのは大変!!!

実は、MacのiTunesを利用すると、カメラ部分にカードをかざすだけで瞬時にコードを読み取ってくれたので、その様子を紹介したいと思います。
IMG 5533

スポンサーリンク

MacのカメラからiTunesCardのコードを認識させる方法



ITunes 1302041932 2
▲まずはiTunesを開き、iTunesCard/コードを使うを選択します。

20130202223109itunes 01
▲カメラを使うをタップします。

20130202223109itunes 02
▲Macのカメラ部分にiTunesCardの英数字部分をかざします。

20130202223109itunes 03
▲かざしてみると、まるで防犯カメラに捉えられたかの様に英数字が認識されます。

今すぐ試したいという方は、すでに入力したCardでかざして見てください。

ITunes 1302041939
▲すると、文字認識の様子はわかると思います。多少の手ぶれは影響ありません。ばっちりとらえてくれます。(残高は増えませんけど笑)

まとめ

1枚だけなら効果は薄いけど、複数枚入力する時は爆発的な威力を発揮するカメラ機能です。

iTunesCardは複数枚購入すると割引セールということがよくあります。複数枚購入する機会は比較的多いので、今回紹介した入力方法は非常にオススメです。

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
iTunesCard  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP