HOME   »   Office製品  »  理系大学生なら絶対覚えておくべきWordの数式のショートカット
RSSフィード

理系の大学生は毎週のように実験レポートに追われます。僕もそのうちの一人であります。

レポートを書く際に利用しているのはMicrosoft OfficeのWordです。つい最近MacにもWordを入れました。導入した記事はこちら→Office for Macを購入!ダウンロード版で簡単にインストール出来た!

さて、理系大学生の人はご存知だと思いますが、レポートには文章だけでなく、数式も書いていきます。数式はとても入力するのが面倒でした。

そこで、数式を簡単に入力出来るショートカットがないかGoogle先生にお伺いを立てたところ、あっさり出てきました。(2年間知らぬままでレポートを書き続けていた衝撃)

今回は、Wordに関する目から鱗の数式のショートカットを、図を交えて解説していきます。理系大学生は絶対に覚えておくべき内容です。

スポンサーリンク

今回紹介する数式一覧

以下に今回紹介する数式一覧を表示しておきます。

上付き文字

Skitched 20130807 002521
▲x^3と入力するとそのままですが、

Skitched 20130807 002557
▲=を付け足すと、自動で上付き文字に変換されます。

つまり、数式エディタ上で決まったキーを入力すると、自動で変換してくれる機能がWordには備わっているということです。

このような感じでどんどん紹介していきます。


下付き文字

Microsoft Word 2
▲a_nと入力すると、

Microsoft Word 6
▲下付き文字になります。

分数

Microsoft Word 4
▲y/zと入力すると、

Microsoft Word 5
▲分数になります。

積分(インテグラル)

Microsoft Word 7
▲¥int@I¥dd@tを入力すると、(@はスペース)

Microsoft Word 8
▲積分が入力出来ます。

特殊文字ω(小文字オメガ)

特殊文字も通常だといちいち選択するのは面倒くさいですね。小文字のオメガは
Microsoft Word 9
▲¥omega@と入力すると、(@はスペース)

Microsoft Word 10
▲なんとωに変化します。

円周率π

Microsoft Word 11
▲¥pi@と入力すると、(@はスペース)

Microsoft Word 12
▲πに変換されます。

→(右矢印)

極限を考える時に→を使います。「やじるし」と変換するよりも以下のショートカットの方が速く入力出来ます。

Microsoft Word 13
▲->と入力すると、

Microsoft Word 14
▲くっついて右矢印になります。

√(ルート)

Microsoft Word 16
▲¥sqrt@nを入力すると、(@はスペース)

Microsoft Word 17
▲ルートnが入力されます。

Σ(シグマ)

Microsoft Word 18
▲¥sum@_(n=0)^N@a_nと入力すると、(@はスペース)

Microsoft Word 19
▲綺麗なシグマ記号が入力出来ます。上付き/下付き文字の記号はシグマでも使えるんですね。

追記 2013/06/30

方程式の{

Skitched 20130630 214231
▲¥eqarray◎(&a+3&b=1@44&a+&b=1)@¥close◎◎と入力すると、(◎はスペース)

Skitched 20130630 214105
▲整った方程式を入力できます。

Skitched 20130630 214436
▲もしも変数a,bの前に&を入れないと、少しずれてしまいます。

行列( )

Skitched 20130630 215040
▲(¥matrix◎(1&2&3@4&5&6@7&8%9)◎)◎と入力すると、(◎はスペース)

Skitched 20130630 214947
▲行列を入力できました。

行列(省略形を含む場合)

行列は対称な中身の場合もあります。そんな時に覚えておきたい方法です。

Skitched 20130630 220150
▲X=(¥matrix◎(1&x_11◎&¥cdots◎x_p1◎@¥vdots◎&¥vdots◎&¥vdots◎&¥vdots◎@1&x_1n◎¥cdots◎&x_pn◎)◎)◎と入力すると、(◎はスペース)

Skitched 20130630 220314
▲こんな省略している行列を書くことが出来ます。なお、横3点ダッシュは、¥cdotsで表示でき、縦3点ダッシュは、¥vdotsで表示できます。

もっと大きな規模で行列を書きたい時には、斜め3点ダッシュが必要になるかもしれません。そんな時でも大丈夫。斜め3点ダッシュも用意されています。

Skitched 20130630 221348
▲それぞれ、¥rddotsと¥ddotsで表示できます。rは右(right)のrと考えて、右肩上がりのと覚えましょう。

(追記 2013/06/30 はここまで)

追記 (2013/11/02)

無限大(∞)

word
▲¥inftyと入力してスペースを押すと、

word
▲∞が表示されます。意外と使用します。

オングストローム(Å)

オングストロームは、格子定数aの単位としてよく出てきます。分野は物性です。

word
▲command+Iを押して斜体じゃない入力方式にしてから、A¥above@¥circ@@と押すと、(@はスペース)

Word
▲立派なÅを生成できました。最初のcommand+Iを省いてしまうと、Aが斜めになってぎこちないです。

両矢印 ⇔

word
▲¥Leftrightarrowと入力してスペースを押すと、(最初のLは大文字に注意)

word
▲両矢印を入力できます。

また、最初のLを小文字のlにすると、

word
▲一本の両矢印になります。数式の書き換えは2本の両矢印を使用しているので、こちらの出番はありません。

(追記 2013/11/02 はここまで)

応用編

実際にレポートに書く時の数式はもっと複雑なので、具体例を示しておきましょう。
Microsoft Word 15
▲こんな複雑な数式でも、H(s)=(¥omega@_0/Q)s/(s^2+¥omega@_0/Q@s+¥omega_0^2)@と入力すればOKです。
(2013/11/10 分母のQが抜けていたのを修正。)

ポイントとしては、
  • 分数が複数項ある場合は、括弧でくくる
  • 上付き文字&下付き文字混合も可能
の2つです。

打鍵する回数は当然多いですが、カーソルで選択するよりははるかに楽です。

まとめ

面倒くさい数式でも、キーボードだけで入力出来ることを知って、もっと早く知っておきたかったと思いましたが、今後はショートカットを利用することで、今までより3倍4倍早く入力が出来ると思います。

特殊文字や他の数式のショートカットも大体はあると思うので、必要になったら適宜調べて身につけていこうと思います。一度に覚えるのは大変ですからね。でも、Wordの数式にショートカットが使えることは覚えておきましょう。

こういったショートカットは大学で習った覚えがありませんが、理系大学生が知っておくべき知識であることは間違いありません。

追記(2014年6月22日)

レポートで出てきた記号、コマンドについては、以下にまとめておきました。
記号読み方・意味コマンド
hbarエイチバー・換算プランク定数¥hbar
ωオメガ(小文字)・周波数¥omega
Ωオメガ(大文字)・抵抗¥Omega
λラムダ・波長¥lambda
πパイ・円周率¥pi
νニュー・周波数¥nu
δデルタ(小文字)¥delta
Δデルタ(大文字)¥Delta
φファイ(小文字)¥phi
Φファイ(大文字)¥Phi
θシータ(小文字)・角度¥theta
Θシータ(大文字)・角度¥Theta
αアルファ¥alpha
βベータ¥beta
γガンマ(小文字)¥gamma
Γガンマ(大文字)¥Gamma
τタウ¥tau
μミュー¥mu
ηイータ¥eta
ρロー¥rho
σシグマ¥sigma
ζゼータ¥zeta
ξグザイ¥xi
Skitched 20140622 011339イプシロン¥varepsilon
epsilonイプシロン¥epsilon
ラウンド・偏微分¥partial
ルート¥sqrt
インテグラル・積分¥int
比例¥propto
overlineバー・否定¥overline◎A
ドット・内積¥cdot
無限大¥infty
lognature自然対数¥in◎x

関連記事

Wordに関して

TeXに関して

PowerPointについて

iPhoneアプリについて

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
Office   Microsoft   Word   ショートカット   大学生  
Comment
66
応用編の分母
wordの数式、便利そうです。
ところで、応用編に記載している例の式は、分母の中のQの記述が無いのでは?

67
Re: 応用編の分母
> wordの数式、便利そうです。
> ところで、応用編に記載している例の式は、分母の中のQの記述が無いのでは?
指摘ありがとうございます。確かに分母の中のQがありませんでした。修正しておきました。

116
それと
ご存知かとは思いますが、
数式欄の挿入にもショートカットがあるので、
一緒に覚えておきたいですね。

Trackback
Comment form
スポンサードリンク
楽天
2014年7月現在使用しているブログ用iPhoneアプリ16個
iPhoneホーム画面
人気エントリー
先月の人気記事
第1位(→0)
iPhoneにある写真(画像)をセブンイレブンで現像する方法

第2位(→4)
総計290個以上掲載!iPhoneアプリのURLスキーム一覧

第3位(↗︎2)
【iPhone】秘密の質問を忘れたのでAppleのサポートに電話してリセットしてもらった

第4位(↘︎2)
理系大学生なら絶対覚えておくべきWordの数式のショートカット

第5位(↘︎1)
iPhoneのパスコードを10回間違えると再入力までに60分必要

第6位(↘︎1)
SoftbankのiPhone4s→iPhone5sへ機種変更した時の料金試算

第7位(↗︎3)
iPhoneの画面を録画できるMac・Windowsアプリ「Reflector」のインストール方法・使い方

第8位(↘︎4)
iPhone/iPadのパスコードロックを10回間違えた時のデータ消去機能を実行してみた

第9位(↗︎4)
xRecというiPhone画面を録画できるアプリが再び登場!

第10位(↘︎2)
【iPhone】秘密の質問を忘れて間違えすぎるとApple IDが8時間ロックされる

第11位(→0)
iPhoneの写真を1枚5円で現像出来るネットプリントジャパン!

第12位(→0)
パラメータ有りiPhoneアプリのURLスキーム一覧

第13位(↗︎30)
青春18切符で東京から大阪へ~東海道線を突っ走る旅(1日目)

第14位(↗︎55)
青春18切符を利用した旅行時に活躍したiPhoneアプリのまとめ

第15位(↗︎16)
セリアでiPhoneの防水ケースを購入!風呂場で使うときに便利!

全記事表示リンク
サイト内検索
プロフィール

nasimeya

Author:nasimeya
Twitterアカウント→@nasimeya
iPhone5S/iPad3/iPad mini/MacBookAir13inch/Nexus5を現在所持しており、アプリとか紹介を主にしています。LAMYなど文房具もちょくちょく。ブログは楽しく書くことを心掛けております。

日にの観察ブログの更新は停止しています。

新しいブログはこちら⇒なしめやブログ(http://nasimeyablog.com

2013年5月現在利用している主力iPhoneアプリ26個
iPhoneホーム画面
2013年5月現在利用しているブログ用iPhoneアプリ13個
iPhoneホーム画面
iPad mini用おすすめアプリ8選

PAGE TOP