HOME   »   Office製品  »  Office for Macを購入!ダウンロード版で簡単にインストール出来た!
RSSフィード
大学入学時に購入してもらったWindowsのPCは、Macを購入して以来、Office製品を使用するためのものだけの機械と化していました。

しかし、Macを日頃から使用していると、どうもWindowsのパソコンは重くなってしまって、使うのが躊躇われるほどでした。

そこで、新学期が始まる前にMacでもOffice製品が使えるようにしてしまおうと決めた訳です。
MacBookProですとドライブがありますが、MacBookAirにはドライブがありません。

そんな時に便利なのがダウンロード版です。

Officeをダウンロード版で購入すると、その場でインストール出来、使用する事が出来ました。

今回は、ダウンロード版のMicrosoft Office for Mac Home and Student 2011 ファミリーパックを導入した手順をまとめておきました。
スポンサーリンク

Office for Mac導入手順

Amazon co jp 注文を確定する
▲AmazonのMicrosoft Office for Mac Home and Student 2011 ファミリーパック [ダウンロード] (PC3台/1ライセンス)の購入直前画面です。注文を完了すると、

Amazon co jp ダウンロード
▲購入が完了しました。続いてダウンロードを選択します。

1304011417office
▲途中プロダクトキーが確認出来る部分があります。ダウンロードかインストールの箇所で必要になりました。

Amazon co jp ダウンロード 1
▲画面に従い、ダウンロードファイルを保存します。

Amazon co jp ダウンロード 2
▲ダウンロードファイルを展開します。

Amazon ソフト ダウンローダー
▲Amazonのアイコン部分をダブルクリックします。

CoreServicesUIAgent
▲そして、開くを選択します。

Amazon ソフトダウンローダー
▲容量は1.14GBです。21:59にダウンロードを開始しました。22:20にダウンロード終了。

Amazon ソフトダウンローダー 1
▲ダウンロードが終わると、次はインストール作業になります。

Microsoft Office 2011
▲Office インストーラーをクリックします。

Microsoft Office for Mac 2011 のインストール
▲いよいよOffice for Macをインストールです。この時にGoogle Chromeは閉じる必要がありました。

インストールはすぐに終わりました。

Officeを開いてみた

早速インストールしたExcel,Word,PowerPointが起動出来るかを確認してみました。

Excel 2011 へようこそ
▲エクセルを初めて起動したときの様子。

Microsoft Excel
▲エクセルの編集画面です。

Word 2011 へようこそ
▲ワードを初めて起動したときの様子。

Skitched 20130807 121204
▲ワードの編集画面です。

PowerPoint 2011 へようこそ
▲パワーポイントを初めて起動した時の様子。

プレゼンテーション1
▲パワーポイントの編集画面です。

無事開く事が出来ました。編集も出来たのでどうやら上手くいったようです。

ダウンロード版で本当に大丈夫なのか不安な人もいると思ったので、今回は手順をまとめておきました。指示に従っていけば、全く迷う部分はありませんでした。Amazonからダウンロード版で購入出来る事が確認出来ました。

MacBookAirはCDやDVDを入れるドライブが存在しませんが、ダウンロード版があるおかげで、ドライブが無くてもインストールが出来るので大変便利です。

パッケージ版だと配達までに時間がかかりますが、ダウンロード版だと購入してインストールが終わればすぐに使用出来るようになるので、早さも売りだと思いました。

これでMacでもオフィス製品が使用出来るようになりました。これからレポートを書く時にMacが活躍します!

ダウンロード版だとパッケージ版よりも8%安くなっています。

追記 Office for Mac 2016が発売

Office for Mac 2016が発売されています。

関連記事

理系学生必携!iPhoneアプリ「WolframAlpha」で難しい微分・積分・方程式などの計算も数秒で出来る!

理系大学生なら絶対覚えておくべきWordの数式のショートカット

Mac MavericksでTeXを導入する方法

Excelで作ったグラフの近似直線の式の有効数字を変更する方法

Excelで作ったグラフの軸に名前を明記する方法

MacのWordでバックスラッシュを入力する方法

Wordで作ったレポートの編集時間を確認する方法

プレゼンの練習に最適!iPhoneでPowerPointのスライドをリモート操作出来る無料アプリ「i-Clickr Lite」

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
Office   Microsoft  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP