HOME   »   Macアプリ  »  Macなら必須!コマンドランチャーアプリ Alfredの使い方
RSSフィード
僕はMacBookAirを利用しているのですが、アプリの起動にはAlfredを多用しています。

Alfredは簡単にいうとアプリをショートカットで起動できるアプリです。

今回は、Alfredの使い方を紹介したいと思います。
Alfred App
カテゴリ:仕事効率化
価格:無料(記事掲載時点)
バージョン: 1.2
リリース日:2010/12/30
AppStoreで詳細をみる


スポンサーリンク

Alfredの使い方

Alfred
▲アプリを起動するには、option+spaceを押します。

Alfred 1
▲evと押すと選択肢が表示されると思います。enterキーを押すとアプリ起動画面に移ります。一番上のEvernoteが起動出来ます。

Skitched 20130831 140956
▲キーボードだけでアプリを起動出来るのでとても便利です。

Alfredの凄い所

Alfredの凄い所は、どのデスクトップ画面にいてもoption+spaceを押してアプリ名を入力すれば、強引にアプリを起動出来る所です。

最初は、わざわざアプリ名を入力しなければならないと思っていましたが、アプリアイコンを探すより圧倒的に早いという事が使用していてわかりました。

しかも凄いのは無料だということです。ブログを書くのにも様々アプリを起動します。特にSkitch、JPEGmini Lite、PNG mini、Marsedit、iPhotoは、ブログ中に頻繁に切り替えるので助かっています。コマンドランチャーアプリとして申し分のない機能となっているのでオススメのアプリです。

Alfred App
カテゴリ:仕事効率化
価格:無料(記事掲載時点)
バージョン: 1.2
リリース日:2010/12/30
AppStoreで詳細をみる


関連記事

【Macアプリ】PCを閉じてもスリープ状態にならず、iPhoneを充電出来る「Caffeine」が便利だった

画像を圧縮するならMacアプリの JPEG Mini Liteが便利!

Mac版Reederはショートカットを使えば爆速でチェックできる!

Macで現在の年月日時刻を簡単に取得する方法

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
MacApp   ランチャー   Alfred   ショートカット  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP