HOME   »   iPadアプリ  »  iPad&Mac版のReederが無料!Reederの今後についても語られる!
RSSフィード
RSSリーダーアプリで有名なReederが、iPad版とMac版で現在無料となっています。僕はMac版は持っていましたが、iPad版を持っていなかったので、早速インストールしました。どちらも通常450円のアプリです。この無料化にはGoogle Readerの廃止が関係してます。この無料化に関して、同時に開発者が今後の方針について発表しているので紹介します。

追記2013年9月28日

現在は、iPad版がReeder 2というアプリに変わっています。
Reeder 2 App
カテゴリ:ニュース
価格:¥450(記事掲載時点)
バージョン: 2.0.1
リリース日:2013/09/12
AppStoreで詳細をみる


スポンサーリンク

無料化になったReeder for iPadをダウンロード


▲本当に無料化になっていました。


▲起動すると、MacやiPhone版と同じ色使いですね。

公式アナウンスについて

Reederの作者によると、以下の声明を発表しています。
The Future of Reeder


内容としては、
  • 7月1日にGoogle Readerサービスが終了後もReederの開発は継続して行う
  • Reeder for iPhoneに関しては、FeedbinやローカルRSSを利用出来るよう取り組んでおり、次のアップデート(ver3.1)でこれらの機能が利用出来るようになる→出来るようになりました。iPhone版Reederがアップデートで、ローカルRSSと有料RSSサービスのFeedbinに対応!
  • 他のサービスとの連携も可能にする予定
  • Reeder for MacとReeder for iPadに関しては、次のアップデート(ver2.0)で、iPhone版と同様の機能になる予定であり、それまでの期間はReeder for MacとReeder for iPadを無料化する
ということです。7月1日以降もReederは利用出来そうな雰囲気ですね。とりあえず、iPadでもReederが利用出来るようにダウンロードしておきました。無料化の期間は次のアップデートだと思うので、まだインストールした事の無い方は今がチャンスです。
Reeder 2 App
カテゴリ:ニュース
価格:¥450(記事掲載時点)
バージョン: 2.0.1
リリース日:2013/09/12
AppStoreで詳細をみる


関連記事

Bylineに続いてReederがFeedlyに対応!ローカルRSSを削除する方法

Google Reader終了まで1ヶ月!代替アプリのfeedlyへの移行はたったの60秒で済む!

iPhone版Reederがアップデートで、ローカルRSSと有料RSSサービスのFeedbinに対応!

iPad用RSSリーダーMr.Readerに乗り換えた4つの理由

Google Readerが2013年7月2日から使用不可・・

RSSリーダーアプリBylineが次期アップデートでFeedlyと同期できるようなので嬉しい

iPhoneからGoogle Reader閲覧アプリのBylineを削除した理由

Mac版Reederはショートカットを使えば爆速でチェックできる!

後で読むアプリ「Pocket」に送る際によく使う連携アプリ3つ

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
iPadApp   MacApp   Reeder   GoogleReader     
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP