HOME   »   ブログ運営  »  FC2ブログでPocket用ボタンを設置する方法とその利点
RSSフィード
あとで読むサービスとして有名なPocketサービス用のボタンを設置する事が出来るようなので、当ブログでも設置してみました。今回は、FC2ブログでPocketサービス用のボタンを設置する方法と、設置する事による利点を書いてみようと思います。
Pocket for Publishers Pocket Button 2

スポンサーリンク

FC2ブログでPocket用ボタンを設置する方法

まずは、概略を示します。
  1. Pocketのコード取得ページへとぶ
  2. 好きなボタンのコードをコピー
  3. ブログのテンプレートを開いて、設置したい箇所にコードを貼り付ける

Pocketのコード取得ページへとぶ

まずはPocketのページへ行きます。

好きなボタンのコードをコピー

続いて、3種類のボタンから好きなのを選んでコードをコピーします。このとき、数字がついているボタンの方が良いでしょう。
Pocket for Publishers Pocket Button

ブログのテンプレートを開いて、設置したい箇所にコードを貼り付ける

最後に、FC2ブログからテンプレートを開いて、ボタンを設置したい箇所にコードを貼付けます。当ブログでは、PC版の記事前&記事後、スマートフォン版の記事前&記事後の計4箇所に設置しました。
日々の観察ブログ  FC2 BLOG 管理ページ

設置したPocket用ボタンの挙動を確かめる

設置したPocket用ボタンを押すと、どのような挙動になるかを示しておきます。

IPhonereeder
▲設置したPocketボタンを押すと、

Save to Pocket
▲初回時はログイン画面が現れるのでログインすると、

Reeeder
▲数字が6から8に増えました。(同じタイミングでPocketに登録した人がいたようです。本来は当然1だけ増えます。)


▲Pocketアプリを起動してみると、先ほど送った記事がPocketに反映されていました。

Pocket用ボタンを設置する利点

Pocket用ボタンを設置する利点は以下の2点だと思います。
  1. 意外に利用者が多いので、数値を見るとブログを書くモチベーションが上がる
  2. 読者は、ウェブサーフィンしながら専用アプリを使用せずとも直接、あとで読みたい記事をPocketに送信出来る
はてなブックマークやTwitter、Facebookボタンは記事の拡散性に重きを置いていますが、Pocketのボタンは少々設置する目的が異なります。しかし、読者、書き手双方にとって利益が見込めるボタンだと感じました。

このボタンを設置する事で、あとで読むサービスの利用実態がわかりました。数値を比較すると、Pocket>はてなブックマーク、Twitter、Facebookという傾向が強いように思います。

総計290個以上掲載 iPhoneアプリのURLスキーム一覧
▲全部の記事を調べた訳ではないですが、現時点で発見した中で一番Pocket数が多い記事のスクリーンショットをのせて、この記事を締めたいと思います。記事は→総計290個以上掲載!iPhoneアプリのURLスキーム一覧

関連記事

FC2ブログでコードを行番号つきで表示する方法

2013年5月版現在使用しているブログ用iPhoneアプリ13個

Macでブログを書くならばMarsEditだという理由を熱く熱く書く

FC2ブログで最新記事にサムネイルを付けてサイドバーを見やすく!

FC2ブログのスマホ版テーマ「basic_black_st」でのブログタイトルを全て表示する方法

FC2ブログで記事のタイトルにブログ名を含めない方法

モブログ必携アプリ「するぷろ」をFC2ブログと連携する方法

リピーター確保作戦!ブログにFeedly登録用ボタンを設置する方法

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
Pocket  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP