HOME   »   未分類  »  2013年上半期の流行語大賞候補5個を挙げてみた!
RSSフィード
2013年も残すところ半分となりました。2013年を半分振り返る意味で、流行語になりそうな候補5個を挙げてみました。

この中からどれくらい流行語10個に入るでしょうか。

スポンサーリンク

1.いつやるか?今でしょ!

大学受験予備校「東進」の国語の先生である林修氏がTVで宣伝していた事で話題になった言葉です。前向きな言葉なので、「いつやるか?今でしょ!」が流行語大賞の大本命でしょう。

本も出版されており、ノリにノッっています。


2.じぇじぇ

NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」で、使われていた言葉です。使い方としては、驚きの言葉として「じぇじぇ」と使います。「じぇ」の数は驚きの度合いを示すものであり、凄い驚くと、「じぇじぇじぇじぇ」とか使います。

日常でも良く耳にする単語となりつつあります。

朝ドラで使われている挿入歌はiTunesでも販売されていて、ランキングも1位となっていました。

3.アベノミクス

安倍政権の経済政策として「アベノミクス」という単語が飛び交っています。この単語も今年の象徴では無いでしょうか。


4.パズドラ

iPhoneアプリ、Androidのパズドラです。累計ダウンロードが1500万ダウンロードに達したようです。社会的な現象を引き起こすほどのゲームになっていますね。
パズル&ドラゴンズ App
カテゴリ:ゲーム
価格:無料(記事掲載時点)
バージョン: 5.3.0
リリース日:2012/02/20


5.富士山世界遺産

2013年6月22日に富士山が世界文化遺産に登録されました。上半期最後の大ニュースでしょう。7月8月は山小屋がオープンし、今シーズンの登山客は大幅に増えると思います。

2012年の流行語はどんな単語だったっけ?

流行語大賞
  • ワイルドだろぉ
流行語トップテン
  • iPS細胞
  • 維新
  • LCC
  • 終活
  • 第3極
  • 近いうちに・・・
  • 手ぶらで帰らせるわけにはいかない
  • 東京ソラマチ
  • 爆弾低気圧
これを見ると、政治分野の単語もあり、全体的に色んな分野から選ばれている気がします。

2000年からの流行語大賞も振り返ってみる

2000年に入ってからの流行語大賞も調べてみました。
年度流行語大賞
2000年おっはー
2001年米百俵
聖域なき改革
恐れず怯まず捉われず
骨太の方針
ワイドショー内閣
改革の「痛み」
2002年タマちゃん
2003年毒まんじゅう
2004年チョー気持ちいい
2005年小泉劇場
2006年イナバウアー
2007年(宮崎を)どげんかせんといかん
2008年アラフォー
2009年政権交代
2010年ゲゲゲの
2011年なでしこジャパン
2012年ワイルドだろぉ
参考:新語・流行語大賞

過去十年で政治関連の言葉が5個入っています。政治色の強い感じを受けますね。今年も「アベノミクス」という候補が挙がっていますが、果たしてどうでしょうか。

まとめ

流行語というのは、前向きな単語の方がいいので、「いつやるか!今でしょ!」は2013年下半期の単語にも勝るのではないでしょうか。

2013年が終わる頃にまたこのエントリを振り返って、10番以内に入るか見てみようと思います。

関連記事

2012年に購入して良かった電化製品ベスト5

公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました

サザンオールスターズの新曲「栄光の男」をiTunesで購入できないのでmoraで購入した!

ゲリラ豪雨対策に!最新の雨雲レーダーを確認するのに利用しているサイト「デジタル台風」

地震?と思ったらいつも確認しているサイト「強震モニタ」

NHK朝ドラ「あまちゃん」の挿入歌「暦の上ではディセンバー」がiTunesで買えるとはね。しかもランキング1位。

【レビュー】iPhoneでのBUFFALOのワンセグチューナーDH-MONE/IPの使用感

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
流行語大賞  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP