HOME   »   iPhoneアプリ  »  Bylineに続いてReederがFeedlyに対応!ローカルRSSを削除する方法
RSSフィード
昨日でGoogle Readerは利用出来なくなりましたが、ちょうど昨日に主力RSSリーダーアプリのReederがFeedlyに対応しました。

BylineもFeedly対応している事を考えると、今までの利用してきたRSSリーダーアプリを継続して利用できるユーザーが多いのではないでしょうか。ありがたい事ですね。

今回は、ReederでFeedlyと連携する方法と、ローカルRSSのアカウントを削除する方法を紹介します。
Reeder App
カテゴリ:ニュース
価格:無料(記事掲載時点)
バージョン: 3.2
リリース日:2009/09/24
AppStoreで詳細をみる


スポンサーリンク

ReederのFeedly連携方法


▲Reederを起動したら、Setttings>News ReadingからFeedlyを選択します。


▲すでにFeedlyのアカウントを持っているのでSign inを押して、Googleアカウントで認証を行います。


▲すると、承認画面に進むので、画面の指示通りに[承認する」を押します。


▲すると、新たにFeedlyアカウントが同期できました。上にあるのは以前にReederで作成したローカルRSSアカウントです。これはもう必要なくなったので、これを消す方法もついでに紹介しておきます。

ローカルRSSアカウントの削除の仕方


▲Settings>ローカルアカウントを選択します。


▲Delete Accountを選択すると、確認されますので、さっさと削除しちゃいます。


▲これでFeedlyに連携したアカウントのみとなりました。

まとめ

Byline、そしてReederがFeedly連携されました。これで、多くの人が今まで使用してきたRSSリーダーを継続して利用できる事と思います。開発者の方に感謝しています。

ただ、Sylfeedは、ローカルRSSの形をとっているようですね。これで利用者はどのように分散していくのでしょうか。

僕は全文キャッシュが取り柄のBylineを使い続けようと思っています。ユーザーにとって選択肢が豊富にあるのは有り難いですね。

Reeder App
カテゴリ:ニュース
価格:無料(記事掲載時点)
バージョン: 3.2
リリース日:2009/09/24
AppStoreで詳細をみる


関連記事

RSSリーダーのBylineがついにFeedly対応!変更点&注意点を紹介!

RSSリーダーFeedlyで設定しておきたい6つの項目

RSSリーダーFeedlyで出来る設定項目全まとめ

リピーター確保作戦!ブログにFeedly登録用ボタンを設置する方法

Chrome拡張機能「Keyconfig」ショートカットでブックマークレット起動できるのが便利!

Feedly登録者数の推移をExcelでグラフ化してみた

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
iPhoneApp   Reeder   Byline   Feedly  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP