HOME   »   iOS7  »  iOS 7でiPhoneを探す機能オフ時にもパスワードが必要になった事による利点
RSSフィード
iOS 7では、iPhoneを探す機能、iPadを探す機能をオフにする場合にもApple IDのパスワードを入力する必要があります。これにより、もしiPhoneやiPadを紛失しても多少安心できる材料が出来ました。

今回はその理由とiPadを探す機能をオフにする時にどうなるか、を紹介します。


スポンサーリンク

iPhoneを探す/iPadを探す機能をオフにする方法

iPhoneを探す/iPadを探す機能をオフにする方法を以下に記します。

Skitched 20130924 214533
▲設定>iCloud>iPadを探すをオフにします。

Skitched 20130924 213517
▲すると、Apple IDのパスワードを入力させられます。正しく入力すると、

Skitched 20130924 213615
▲iPhoneを探す/iPadを探す機能をオフにする事が出来ます。

iPhoneを探す機能をオフにするためにパスワードが必要になった事による利点

iOS 7の新機能として、iPhoneを探す/iPadを探す機能をオフにするために、パスワードを入力しなければならなくなった機能があります。

これは、iPhoneやiPadを紛失した場合に、多少安心できる材料が増えたと言えます。その理由は以下の通りです。

  • 拾得した人物がiPhoneやiPadを利用しようとすると、電波を拾って場所が特定される。
  • 拾得した人物は、電波をキャッチされないように電源を切ったり機内モードにすることは出来るが、それだとiPhone/iPadがただの文鎮やゲーム機と化す。
  • 紛失したiPhone/iPadのデータが消去された後、他人が再アクティベートしようとしても、Apple IDとパスワードが必要
  • もし端末が戻ってきたら、自分のApple IDとパスワードを入力すれば、再アクティベートできる
「iPhoneを探す」アプリから遠隔操作でデータを消去した場合でも、自分の端末の情報が残っているという事です。これは少し安心です。

もしも端末を紛失してしまっても、拾得した人物がそのiPhoneを悪用して利用する事は、難しい事のように思います。少なくとも以前は難しくなっていると言えます。

紛失した端末を探す時には、「iPhoneを探す」アプリを利用します。
iPhoneを探す App
カテゴリ:ユーティリティ
価格:無料(記事掲載時点)
バージョン: 2.0.3
リリース日:2010/06/18
AppStoreで詳細をみる

まとめ

まとめとしては、iPhoneを探す/iPadを探す機能をオンにしておこう!ということです。iPhoneを探す機能を確認してみた記事に関しては、以下の記事をご覧ください。内容は、iOS 6のときのものです。
遠隔操作でロック出来る!iPad mini紛失時に役立つアプリ「iPhoneを探す」の機能を確認してみた!

関連記事










スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
iOS7   アップデート   iPhoneを探す   iPhoneApp   パスコード  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP