HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトOffice製品  »  Wordで太字、斜体、下線付き文字にするショートカット
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大学の実験レポートを書く際の注意点として、
  • 物理量はイタリック(斜体)で書く
というものがあります。Wordでレポートを書いている途中でイタリック(斜体)が入ってくるのは中々面倒でした。

しかし、Wordに備わっているショートカットを使えば、案外スムーズに書ける事がわかりました。

斜体の他に、太字や下線付き文字のショートカットもあります。下線文字は、見やすくするために見出しで使用する事がありました。今回は、Macにおけるショートカットを紹介します。
word

スポンサーリンク

Wordで太字、斜体、下線付き文字にするショートカット

太字にするショートカット

Skitched 20131102 134115
▲こちらが通常入力の大きさですが、

Skitched 20131102 134151
▲command+Bを押すと、左上にある太字(B)の背景が濃くなります。この状態で書くと、

word
▲太字で書けます。

Skitched 20131102 135037
▲もう1回command+Bをすると、通常の太さに戻ります。

斜字にするショートカット

Skitched 20131102 134937
▲同様に、command+Iを押すと左上にある斜体(I)の背景が濃くなり、

Skitched 20131102 134829
▲斜体で書けます。

下線付きにするショートカット

word
▲またまた同様に、command+Uを押すと左上にある下線(U)の背景が濃くなり、Skitched 20131102 134858
▲下線付き文字が書けます。

太字+斜体など、組み合わせる事も出来ます。

まとめ

文字を太くしたり斜体にしたり下線付き文字にする際に、一々左上のB、I、Uを選択しなくても、キーボードあら変更できるので、時間の短縮になります。凄く便利です。

理系大学生なら絶対覚えておくべきWordの数式のショートカットと組み合わせれば、以前よりももっと早くレポートを書き進める事が出来ます。



関連記事









スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
Word   ショートカット  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。