HOME   »   iOS7  »  iOS 7のカメラでは999枚まで連写可能&1枚の容量は約1.3MB
RSSフィード
iOS 7では、純正カメラアプリで連写出来るようになりました。

iOS 6までは、指を離した瞬間に撮影される仕組みでしたが、iOS 7では、指をタップした瞬間に撮影が始まり、指を離した瞬間に撮影が終わる仕組みに変わっています。

1枚だけ撮影する場合は、タップしたらすぐに離さなければいけないのです。

僕は1枚だけ撮ろうとした時に50%の確率で複数枚撮影してしまいます。困ったものです。ついには、以前の撮影の仕方がしたくて、今まで使用してきたiPhone 4s(iOS 6.1.3)で撮影してしまうこともあったり笑。

そんなこんなで連写に悩まされています。そこで連写の仕組みを少しでも探るべく、最高で何枚連写出来るのか確かめてみようということになり、実験してみました。


スポンサーリンク

iOS 7のカメラでは999枚まで連写できる

予想候補としては、10枚、99枚、100枚、500枚などありましたが、999枚という予想を上回る結果に終わりました。


▲999枚撮影し終わると、これ以上撮影できなくなりました。(指を離せば、再び1から撮影できます)


▲999枚の写真は純正写真アプリから確認できます。下部の「よく使う項目を選択」をタップすれば、999枚の写真を1枚1枚確認できます。

999枚の写真容量は約1.3GB

連写は最高999枚まで撮影できることはわかりました。

しかし、その容量が一体どれくらいになったのか気になるところです。

そこで、撮影した写真を消去する前後での容量を比べてみました。以下がその比較画像です。容量の確認には、設定>一般>使用状況から確認しました。


▲999枚の写真を消去する前(左)と消去した後(右)で約1.3GB=約1300MBの違いがありました。

1枚あたり、約1.3MBという計算になります。覚えておいて損のない数字です。

早くiOS 7のカメラアプリに慣れなければ……

関連記事

iOS 7の新機能「AirDrop」を使ってiOS端末同士で画像を送受信する方法

iPhoneアプリの「セルフタイマーカメラ」は、3,5,10,20,30秒から選べる!

15秒動画カメラで30分→15秒に圧縮した雲の動画が実に面白い!

iPhoneが16GBでもPictShare+Evernoteを使って上手く容量をやりくりする方法。

iPhoneのカメラロールからYouTubeにアップロードする方法

iPhoneのロック画面が揺れたと思ったらカメラを起動できる序章だった話

【写真整理】iPhoneの写真を効率よく削除する方法

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
iOS7   カメラ  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP