HOME   »   Mac  »  Macを再起動するだけで「その他」空き容量が約18GB増加した
RSSフィード
2012年6月に購入したMacBookAir 13inchが悲鳴を上げました。「もう空き容量無いぞ!」と。そんな馬鹿な。。。バンバンMacに保存しているつもりはないのに。。。

空き容量を、左上の(リンゴマーク)→このMacについて→詳しい情報→ストレージから確認すると、残り約3GBとなっていました。その中でも多かったのが「その他」項目です。約64GBありました。

本体の容量が120GBあったので、119/120使用していると判明しました。

これはヤバいと思い、どうしようかと思いました。とりあえず、不具合関連がおきたら再起動!と思い、再起動してみると、一気に空き容量が増加したのでその様子を示しておこうと思います。
macbookair

スポンサーリンク

Macを再起動するだけでその他の空き容量が約18GB増加した

Skitched 20131028 231619
▲空き容量が残り3.19GBの状態から再起動すると、

Skitched 20131030 111947
▲21.2GBに増えました。再起動するだけで、空きが約18GBも増えてしまった。。。その他項目が64.75GB→47.92GBと変化しているので、増加した容量はほとんど「その他」でした。

普段あまりシャットダウンしない人は要注意

僕は普段からMacをシャットダウンしません。面倒くさいからです。容量が満杯になる前にいつ再起動やシャットダウンをしたかを覚えていないほどです。感覚的には約1ヶ月ほどでしょうか。

約1ヶ月もシャットダウンをしないままでいると、不要なファイルが溜まりに溜まっているのでしょう。その他項目を大きく圧迫していました。

容量が圧迫してくると、気持ち動作が重くなる気がします。メモリは8GB(4GB×2)を選択しましたが、振り返ってみると、残り容量が1GBになる直前には少しMacが重くなっていました。

快適な動作環境を維持するには、定期的にMacはシャットダウンしておいた方が良い事を知りました。



関連記事

たった500円で買えるMacのキーボードの汚れを簡単に落とすためのウェットティッシュがイイ!

Time Machineを利用してHDDにMacをバックアップする方法

MacのHDD空き容量を確認する方法

Macでフリーズしたアプリをショートカットを使って強制終了させる方法

Macで小さい「ぅ」や「ぇ」を入力する方法

Macなら必須!コマンドランチャーアプリ Alfredの使い方

【Macアプリ】PCを閉じてもスリープ状態にならず、iPhoneを充電出来る「Caffeine」が便利だった

外に持ち出す時に現在使っているMacのケースが薄くてイイ!

Macの充電器コードを収納する突起が"フライングゲット"にしか見えない件

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
Mac   空き容量   再起動  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP