HOME   »   webサービス  »  Macで撮影したスクリーンショットを自動でDropboxに保存できるようになった!
RSSフィード
MacのOSをMountain LionからMavericksにした後、初めてスクリーンショットを撮影した所、Dropboxに保存できるように誘導されたので保存する事にしました。
Dropbox

スポンサーリンク

Macでスクリーンショットを撮影したらDropboxで保存できるようになった!

ブログを書く上でMac上のスクリーンショットが書かせないのですが、普段はSkitchを使用しています。その理由は、すぐにMarsEditというブログエディタに画像を貼付けられるからです。

ただ、Skitchのスクリーンショットが向いていない場面もあります。

それは、メニューバーを撮影する場面です。この時に、Skitchのスクリーンショットで撮影しようとすると、メニューバーが消えてしまいます。

しかし、Macの通常スクリーンショットコマンドのcommand+shift+4だと、メニューバーも隠れません。

そうやって撮影したのですが、この時に、以下のような画面が出てきました。(真ん中に表示されているのが、今回撮影したかったスクリーンショットです。)

スクリーンショットをDropboxに保存
▲Dropboxに自動で保存してくれるならば、そちらの方が有り難いので、保存できるようにしました。単に赤枠を選択して終わりです。

Dropboxのどこに保存されるかというと、、、

スクリーンショットをDropboxに保存
▲Dropbox→「スクリーンショット」というフォルダです。自動でフォルダが作成されていました。これで、普段撮影しないようなスクリーンショットもDropboxに自動で保存される仕組みが整いました。

MarsEdit - the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more. App
カテゴリ:ソーシャルネットワーキング
価格:¥4,000(記事掲載時点)
バージョン: 3.6.2
リリース日:2010/12/15
AppStoreで詳細をみる
Skitch App
カテゴリ:仕事効率化
価格:無料(記事掲載時点)
バージョン: 2.7
リリース日:2011/04/09
AppStoreで詳細をみる


関連記事

IFTTTを使ってiPhoneのスクリーンショットを自動でDropboxに保存する方法

Dropboxと併用がオススメ!無料で15GBの容量がもらえるCopyを試してみた!

iPad miniを7ヶ月使用してみて~DropboxやEvernoteのオフライン機能が便利!

iPhoneのDropboxアプリでもAirDrop機能が追加された!

Dropboxの招待で初めて500MB容量が増えました。

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
Webサービス   MarsEdit   ブログ   Skitch   Dropbox   スクリーンショット  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP