HOME   »   iPhoneアプリ  »  現在の行に横棒「----」を引くTextwellのアクション
RSSフィード
Textwellはブログの下書きをする時や、思いついたことを書き留めておく時に使用しているアプリです。

かなり乱雑に色んな情報を書いています。

しかし、1枚のページに色んな情報を書いていると、ごっちゃになってわかりにくくなります。でも新しいページは使いません。(画面をクリアしません。)なぜなら、1ページだけ使っていた方が一覧性が優れているからです。

言ってみれば、横着人種です。

そこで、「とりあえず、ダーっと横棒で区切っとけば見やすいだろう」という思いつきから、Textwellのアクションで線を引けるようにしました。


スポンサーリンク

現在の行に横線を引くアクション

でも実は引けるようにするといっても、現在の行に「-------------------------」という文字を挿入するだけの簡単なアクションです。Textwellのアクション集にある「insert Hello」を参考にしました。


登録内容はこちら
T( 'insert', { text: '------------------------------------------------------------'} );

登録はこちらから→http://tinyurl.com/lhhgjz8

insert lineの概要

Textwell
▲作成したアクションを起動すると、

Textwell
▲現在の行にカーソルが引かれます。ただ、それだけです。でも、自分にとっては使いたい機能です。

辞書登録でもいいけれど...

「線を引くなら、「------------」という文字を辞書登録すればいいじゃないか」。とは思いましたが、まあ、使えればどっちでもいいです。

ただ、アクションで作っておいた方が、今後応用が効くはず。今回も、insert機能を把握しましたし。。。

Textwell App
カテゴリ:仕事効率化
価格:¥300(記事掲載時点)
バージョン: 1.1.7
リリース日:2013/09/11
AppStoreで詳細をみる


関連記事

DraftPadが消え、Textwellとして登場した下書きアプリに注目

Textwellのアクション履歴&クリア機能の呼び出し方

TextwellからTweetbotへテキストを送るアクション

TextwellでTextExpanderが使用できるようになって快適

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
iPhoneApp   ブログ   Textwell  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP