HOME   »   iPhone  »  iPhoneの純正カレンダーに表示してある誕生日を非表示にする方法
RSSフィード
iPhoneを使ってからというもの、ほとんどカレンダーアプリを使ったことがありません。頭の中に入るほどの予定しかありません。

しかし、今後予定が増えてくるので、そろそろカレンダーアプリを使おうと思いました。

そこで純正カレンダーを見てみると、誕生日が書いてありました。連絡先に書いてある誕生日が反映されているんですね。

しかし、正直なところ、誕生日はカレンダーから外したいです。

そこで、純正カレンダーから誕生日を表示しないように設定しておいたので、その手順を残しておきます。環境は、iPhone 5s iOS 7.0.4で行いました。
iPhoneカレンダー

スポンサーリンク

iPhoneのカレンダーに表示してある誕生日を非表示にする方法

iPhone純正カレンダー
▲iPhoneの純正カレンダーアプリを起動して、下メニューバーの「カレンダー」をタップします(左)。そして、その他項目の「誕生日」のチェックを外します。これでおしまいです(右)。

iPhone純正カレンダー
▲左が誕生日有りのカレンダーで、右が誕生日無しのカレンダーです。右側では黒丸がなくなっていることがわかります。

それにしても、純正のカレンダーはパッと見てイベントがわからないのが不便です。

次回はパッとみてイベントが把握出来るカレンダーアプリを紹介する予定です。

関連記事

MyShortcuts+Viewerを使って通知センターにカレンダーを設置してみた!

iOS 7のカメラでは999枚まで連写可能&1枚の容量は約1.3MB

iOS 7の新機能「AirDrop」を使ってiOS端末同士で画像を送受信する方法

iOS 7で消えた通知センターのタップでツイートを擬似復活させた

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
iPhone   カレンダー  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP