HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトMac  »  MacのSafariが終了しないせいで再起動出来ないので強制終了を使用した
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
普段Macのブラウザを使用する時にはChromeを利用しているのですが、時たまSafariを使用します。

ところが、Safariを起動している状態で再起動しようとすると、以下のようなポップアップ画面が出てきて、永遠と再起動できません。

Safari強制終了
▲やり直してもやり直してもSafariが終了しないのです。

そこで、しょうがなく、強制終了オプションを使用してSafariを終了させました。
Safari

スポンサーリンク

Macでアプリを強制終了する方法

Macでアプリを強制終了する方法には2種類あります。
  • 左上リンゴマークからの強制終了
  • ショートカットコマンドによる強制終了

左上リンゴマークからの強制終了

Safari強制終了
▲左上にあるリンゴマークを選択します。

Safari強制終了
▲そして、強制終了を選択します。

Safari強制終了
▲強制終了したいアプリ「Safari」を選択して、から「強制終了」を選択します。

Safari強制終了
▲確認されるので、「強制終了」を選択すると、Safariがようやく終了できます。

ショートカットコマンドによる強制終了

「Command」+「Option」+「esc」を選択すると、

Safari強制終了
▲この画面が出てくるので、先ほどと同じようにSafariを選択してから強制終了を選択すれば終了します。

果たして、なぜSafariだけたまに終了できないのか?

関連記事

Safariで見ているページをTweetbot 3でつぶやくブックマークレット

iPhoneのSafariで見ているページをブックマークレットでEvernoteに保存する方法(EverWebClipper経由)

iPhoneのSafariで見ているページタイトルとURLをTweetbotでつぶやくブックマークレットを作ってみた

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
Mac   Safari  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。