HOME   »   iPhoneアプリ  »  iPhoneで現在の時分秒を表示させるためのブックマークレットを通知センターに設置
RSSフィード
朝の電車通勤、通学では、一分一秒を争います。

例えば、時刻表に07:32と書いてある場合、発車する予定時刻は、7時32分0秒から7時32分59秒までの60秒までの間です。絶対に乗り遅れないようにするには、7時31分59秒にホームにいることが条件です。

この時刻までにホームに到着するように、駅までのペース配分を考えます。

本来は、「余裕を持って家を出ろ!」という話なのですが、どうしても家を出発するのがギリギリになってしまうことがよくあります。そのような場合、途中で現在時刻をiPhoneで確認します(腕時計はデジタルでも電波でもありません。)。

しかし、iPhoneのロック画面は何時何分までの表示にとどまります。朝の焦っている時間帯では、秒の表示が見たいのです。

秒をロック画面に表示できるのか調べてみましたが、脱獄していないと無理そうでした。iPhoneの純正時計アプリアイコンも秒針が動いているのですが、確認しづらいので他に方法を探しました。

そこで、時分秒を表示させるためのブックマークレットを通知センターに設置するという結論に達しました。時分秒を表示させるためのブックマークレットを紹介します。
現在時刻ブックマークレット

スポンサーリンク

時分秒を表示させるブックマークレット

時分秒を表示させるためのブックマークレットを作成するにあたり、参考にさせていただいたわかりやすい記事は以下となります。【JavaScript】ブックマークレットで%(余剰)使ったらハマった件 - はりをきば
こちらの記事では、「午前○時」や「午後○時」をポップアップで表示させるためのブックマークレットが紹介されていました。

分や秒はどのように取得するのだろうと調べた所、たどり着いたのが下の記事になります。

JavaScriptで現在時刻や今日の日付を取得・表示する: 小粋空間
getMinutes()やgetSeconds()を使えば良い事がわかりました。

両者を組み合わせて出来たブックマークレットが以下になります。
javascript:(function()%7Bvar%20nd=new%20Date(),AA=nd.getHours()%3C12?'%E5%8D%88%E5%89%8D':'%E5%8D%88%E5%BE%8C',mm%20=%20nd.getMinutes(),ss%20=%20nd.getSeconds(),gg=nd.getHours()%25%2012;alert(AA+gg+%22%E6%99%82%22+mm+%22%E5%88%86%22+ss+%22%E7%A7%92%22);%7D)();


通知センターにブックマークレットを登録する方法

なぜ通知センターに登録するかというと、ロック画面から通知センターをおろす→設置したブックマークレットをタップ→ロック解除(iPhone 5sなら指紋認証で)のように、素早く確認できるからです。

それではブックマークレットを通知センターに登録する方法です。

ブックマークレットを通知センターに登録するには、以下のiPhoneアプリを利用しました。(全く同機能のMyShortcuts+Viewerでも可能です。)

MS2 App
カテゴリ:ユーティリティ
価格:¥100(記事掲載時点)
バージョン: 1.6
リリース日:2012/12/20
AppStoreで詳細をみる
MyShortcuts+Viewer App
カテゴリ:ユーティリティ
価格:¥100(記事掲載時点)
バージョン: 1.6
リリース日:2012/06/16
AppStoreで詳細をみる


現在時刻ブックマークレット
▲MS2のリマインダーを開き、右上の+をタップします(左)。そして、タイトルに「現在時刻」URLにブックマークレットを貼付け、右上の「保存」をタップします(右)。

現在時刻ブックマークレット
▲すると、現在の時分秒が表示されます(左)。通知センターを見てみてもきちんと登録されています(右)。

実際にブックマークレットを起動する

まずは事前準備として、iPhoneの設定→コントロールセンター→「ロック画面でのアクセス」をオンにしておきます。

現在時刻ブックマークレット
▲ロック画面で通知センターをおろして(左)、MS2の現在時刻をタップします(右)。

現在時刻ブックマークレット
▲そしてパスコードを入力します。iPhone 5sならば指紋認証で可能です(左)。すると、現在時分秒が表示されます(右)。

まとめ

駅までのペース配分がうまくなりました。

MS2 App
カテゴリ:ユーティリティ
価格:¥100(記事掲載時点)
バージョン: 1.6
リリース日:2012/12/20
AppStoreで詳細をみる
MyShortcuts+Viewer App
カテゴリ:ユーティリティ
価格:¥100(記事掲載時点)
バージョン: 1.6
リリース日:2012/06/16
AppStoreで詳細をみる


関連記事

現時点で通知センターから起動出来る最強アプリはMyShortcuts+ Viewerだった

通知センターに追加でアプリを登録するのにMS2を使ってみた!

iOS 7で消えた通知センターのタップでツイートを擬似復活させた

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
iPhoneApp   MyShortcuts+Viewer   MS2   通知センター   ブックマークレット  
Comment
Trackback
Comment form
スポンサードリンク
楽天
2014年7月現在使用しているブログ用iPhoneアプリ16個
iPhoneホーム画面
人気エントリー
先月の人気記事
第1位(→0)
iPhoneにある写真(画像)をセブンイレブンで現像する方法

第2位(→4)
総計290個以上掲載!iPhoneアプリのURLスキーム一覧

第3位(↗︎2)
【iPhone】秘密の質問を忘れたのでAppleのサポートに電話してリセットしてもらった

第4位(↘︎2)
理系大学生なら絶対覚えておくべきWordの数式のショートカット

第5位(↘︎1)
iPhoneのパスコードを10回間違えると再入力までに60分必要

第6位(↘︎1)
SoftbankのiPhone4s→iPhone5sへ機種変更した時の料金試算

第7位(↗︎3)
iPhoneの画面を録画できるMac・Windowsアプリ「Reflector」のインストール方法・使い方

第8位(↘︎4)
iPhone/iPadのパスコードロックを10回間違えた時のデータ消去機能を実行してみた

第9位(↗︎4)
xRecというiPhone画面を録画できるアプリが再び登場!

第10位(↘︎2)
【iPhone】秘密の質問を忘れて間違えすぎるとApple IDが8時間ロックされる

第11位(→0)
iPhoneの写真を1枚5円で現像出来るネットプリントジャパン!

第12位(→0)
パラメータ有りiPhoneアプリのURLスキーム一覧

第13位(↗︎30)
青春18切符で東京から大阪へ~東海道線を突っ走る旅(1日目)

第14位(↗︎55)
青春18切符を利用した旅行時に活躍したiPhoneアプリのまとめ

第15位(↗︎16)
セリアでiPhoneの防水ケースを購入!風呂場で使うときに便利!

全記事表示リンク
サイト内検索
プロフィール

nasimeya

Author:nasimeya
Twitterアカウント→@nasimeya
iPhone5S/iPad3/iPad mini/MacBookAir13inch/Nexus5を現在所持しており、アプリとか紹介を主にしています。LAMYなど文房具もちょくちょく。ブログは楽しく書くことを心掛けております。

日にの観察ブログの更新は停止しています。

新しいブログはこちら⇒なしめやブログ(http://nasimeyablog.com

2013年5月現在利用している主力iPhoneアプリ26個
iPhoneホーム画面
2013年5月現在利用しているブログ用iPhoneアプリ13個
iPhoneホーム画面
iPad mini用おすすめアプリ8選

PAGE TOP