HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトブログ用アプリ  »  MarsEdit用AppleScriptを使って作成したリンクが別タブで開くようにした
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Macでブログを書く時に使用しているアプリは「MarsEdit」です。MarsEditでは、AppleScriptによって、Chromeで開いているタブのリンクをはる事が簡単にできます。詳細については、本家ページ(TOTEKANさん)がなくなっていました。

概要はこちらで紹介されています。
Chrome、Safariで開いている全タブのリンクタグをMarsEdit上に一気に生成できるAppleScriptが便利すぎてヤバイ! | 和洋風KAI

さて、Chromeで開いているタブを紹介する際に、自分のブログ以外を紹介することがほとんどなので、
新しいタブで開くようにしたいです。

そのためには、aタグの中に、"target=_blank"を入れる必要があります。

元々のAppleScriptには入っていませんでした。

そこで検索してしてみたところ、以下の記事で知りたい事がピンポイントで紹介されていました。
MarsEditでブラウザからタイトル付きリンクを簡単に作れるスクリプトがすごく便利

Applescript

スポンサーリンク

MarsEdit用AppleScriptを使って作成したリンクが別タブ("target=_blank")で開くようにする方法

marsedit-applescript
▲MarsEditメニューバーの図のアイコンを選択して、「Open Scripts Folder」を選択し、

marsedit-applescript
▲MarsEdit-Link from Chrome Tabsを開きます。

marsedit-applescript
▲そして、具体的には赤四角で囲った部分を追加して、保存(command+S)しました。最初、保存していなかったので上手くいきませんでしたが、保存したら上手くいきました。

「"」をそのまま入力してもダメなんですね。「\"」としなければいけないんですね。

同様に、他のスクリプトも別タブで開けるようにしました。

参考

MarsEdit - the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more. App
カテゴリ:ソーシャルネットワーキング
価格:¥4,000(記事掲載時点)
バージョン: 3.6.3
リリース日:2010/12/15
AppStoreで詳細をみる

関連記事

MacのMarsEdit・テキストエディットで特定のHTMLタグを削除する方法

Macで現在の年月日時刻を簡単に取得する方法

Macなら必須!コマンドランチャーアプリ Alfredの使い方

Macのブログエディタ「MarsEdit」で文字を置換する方法

Macでブログを書くならばMarsEditだという理由を熱く熱く書く

ブログ執筆アプリMarsEditでくらった意外な制限

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
MacApp   MarsEdit   AppleScript  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。