HOME   »   Evernote  »  Mac版Evernoteにペーストする時の書式を反映させないようにする方法
RSSフィード
調べ物をしていてEvernoteにまとめる際に、用語などはブラウザでコピーして貼付けたいことがあります。

こうして貼付けた時に一点問題が発生します。それは、コピー元の書体が反映されてしまうという点です。

貼付ける時には、コピー元の書体が重要なのではなく、書いてある事柄が重要なので、書体情報は不要です。

Evernoteにはペーストした時に書体を反映させないようにする設定が備わっていたので、設定を行いました。
evernote-英単語

スポンサーリンク

Mac版Evernoteにペーストするときの書式を反映させないようにする方法

evernote-paste
▲Evernoteのメニューバー→環境設定を選択します。

evernote-paste
▲そして、「書式設定」→「ペーストされた内容の書式を削除」にチェックを入れます。

こうすることで、今までコピーした時に一緒に反映されていた書式が反映されず、単なる文字列としてペースト出来るようになりました。

動作確認

evernote-paste
▲SafariやChromeなどのブラウザでコピーしたものを、

evernote-paste
▲Evernoteに貼付けると、書体も反映されてしまいます。

evernote-paste
▲しかし、「ペーストされた内容の書式を削除」にチェックを入れてからペーストすると、書体が反映されなくなりました(太字は反映されていますが。)

evernote-paste
▲太字を解除するには、全選択している状態で、図のBマーク(太字マーク)を選択すれば、

evernote-paste
▲通常の字体になります。

まとめ

コピーして貼付ける時には、通常の字体で揃えたいので、僕はこの設定をしておきました。基本、書体が必要になる事はありません。これは地味に便利な機能です。

Evernote App
カテゴリ:仕事効率化
価格:無料(記事掲載時点)
バージョン: 5.5.0
リリース日:2010/12/30
AppStoreで詳細をみる

関連記事

Evernote(メモ帳)に記述した英単語をExcelで整えてオリジナル単語帳を作る方法

iPhoneのSafariで見ているページをブックマークレットでEvernoteに保存する方法(EverWebClipper経由)

Evernote検索アプリのwithEver、SmartEver、公式アプリの使い分けを検討してみた!

Evernoteプレミアム3年パックを購入した3つの理由

ストック数200!Pastebotでコピー作業が捗りすぎて凄い!

Pastebot SyncでMac⇔iPhone同期が凄くイイ!

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
Evernote   MacApp  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP