HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトOffice製品  »  MacのPowerPointで数式を挿入する方法
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Mac版のWordでは、数式を入力するためにはツールバーから選択するか、ショートカットの「shift」+「option」+「=」を押しました。

しかし、PowerPointで同じように数式を入力しようとした時に、まず入力の仕方が全くわかりませんでした。数式を挿入できるようなばしょがぱっと見でわかりませんでした。

今回は、まず一番最初の部分、Macで数式を入力できるように設定する方法を紹介します。
powerpoint-mac

スポンサーリンク

Macのパワーポイントで数式を挿入する方法

powerpoint-mac
▲PowerPointのメニューバー→挿入→オブジェクトと進み、

powerpoint-mac
▲オブジェクトの種類から「Microsoft 数式」を選択してOKを選択します。

powerpoint-mac
▲すると、数式エディタが起動されます。ここに数式を書くことが出来ます。

powerpoint-mac
▲数式エディタで書いた数式をスライドに挿入するには、左上の×を押します。

powerpoint-mac
▲スライドに数式が挿入できます。

これでとりあえずは数式を書けるようになりました。

関連記事

Mac・WindowsのPowerPointでよく使用するキーボードショートカット一覧

プレゼンの練習に最適!iPhoneでPowerPointのスライドをリモート操作出来る無料アプリ「i-Clickr Lite」

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
office   Microsoft   PowerPoint  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。